2018年07月15日

にゅー

2018_0715_202913AAa.JPG
ふと見ると、ミニミニがやってきましたが、
この子は、初めての顔見せじゃないかな。
生まれたてのミニミニミニほど小さくはないけれど、
このところ毎日顔を見せるミニ(今年最初の子たちか?)よりも
明らかに小さいのですよね〜。

2018_0715_203238AAa.JPG
大きさはこれぐらい・・・あ、逃げた。
動きは素早いけれど、エサ取りは、ヘタです。(^_^)
通常、少し離れたエサを見つけて、近づいていくのですが、
虫が顔の周りを飛んでいる場合、狙いを定めるための視界と
飛びかかりやすい距離を確保するためか、
後ずさりをするのですね〜この様子は初めて見ました。
大きい子は、小さな虫が顔の周りを飛んでいても、
見えないのか、無視することがよくありますね。
ほどよい距離で、動いている虫が狙いやすいみたい。

2018_0715_194954AAa.JPG
ところで、大きな卵を抱えていたメスちゃんが、
久しぶりに顔を見せてくれました。
そう、数日いなくなると、卵を産んできていることが多くて、
見事に、少しへちゃげたお腹をしていました。
ミニミニミニがまたやってくるのかな〜楽しみだなぁ。
posted by あきたな at 22:59| Comment(0) | 日記

2018年07月14日

崖崩れ

早島−松島線の峠の崩落地点の様子です。
(安全なところに車を停めて、様子をパチリ)

2018_0714_073821AAa.JPG
以前、小規模の崖崩れが起きたのは、今回崩れたところの
右端辺りの幅数メートルぐらい。(土留め2,3個分ぐらい?)

2018_0714_073845AAa.JPG
さらに、左側にも同じぐらい崩れています。
というか、中央の緑の部分だけ、木々が踏ん張ってくれた感じ。
下から三分の二程度は、ずっと以前に、コンクリートで
表面を覆う対応がされていて、それは、耐えた・・・のかな?
今回は、対応をしていない上部が、ごっそり落ちてきた感じです。

2018_0714_074034AAa.JPG
コンクリートの上の部分は、かなり、えぐられた感じで、
結構、多くの土砂が崩れてきたようですね。

とりあえずの、応急対策(土留めとか)だけで、
予算化、今後の計画を練って、本格的な対応に入るのでしょう。
それまでは、北行きは1車線がふさがれたままになるため、
朝の混雑は激しいものと思われます。
昼間や夜間を除いて、北行きルートは通らないようにした方が
いいのではないでしょうか・・・。
posted by あきたな at 21:38| Comment(0) | 日記

2018年07月13日

初鳴き

早島−松島線の峠の崩落処理は、仮終了したのか、
昼前に(間違えて)近づいてみると、交通規制はなく、
南行き2車線、北行き1車線が通れるようになっていました。
通って見てビックリ!

以前、崩落した縦長の現場と同じところですが、
そりゃぁ、驚く広さが崩落したようです。
現場を知っている人は、驚きますよ。
本格的な工事が必要になると思われますが、
とりあえず、追加崩落を抑えることができているなら、
他の場所から対策を進めるかも知れませんから、
両側2車線にいつなるのかは、ちょっと不透明?
避けられるなら、朝の通過は避けた方がいいかもね。
知っている人は分かるでしょうが、
コンベックスへの右折が(対向車線との関係で)
手前の交差点をふさいでしまった途端に、
あっという間に、バイパスまで大渋滞を引き起こしますが、
常にあの状態になると考えるといいと思います。
車線が規制されていて、常に、直進車が横を
すり抜けられない状態なのですから・・・。
安全で安定した迂回路を見つけられている人は、
もうしばらくは、様子を見た方がよさそうな〜。

ところで、セミの初鳴きを聞きました。
2ヶ所で聞きましたが、どちらも、ちょっとへたくそ。(^_^)
大雨災害の爪痕がまだまだ残る中、
季節は、本格的な夏に・・・。
posted by あきたな at 23:52| Comment(0) | 日記

2018年07月12日

結局?

小町トンネルは、次の日の昼前に通ったときには
すでに開通していました。
ということは、壁面落下とかではないのでしょうから、
交通事故か何かだったのでしょうかね。
まぁ、普通に通れるのは、それだけでありがたいものです。

早島−松島線の峠の崖崩れは、遠目には作業続行中。
反対車線には、工事車両が道一杯に置かれているので、
今しばらくは、遠い車線だけでも開通させよう・・・とかは
考えていない(危険なので出来ない)のでしょうねぇ。
posted by あきたな at 23:45| Comment(0) | 日記

2018年07月11日

新たに?

早島−松島線の崖崩れを遠目に見ると、
大型重機が稼働していたので、もうしばらくかかりそう?

夕方、それを西側で回避しようとすると・・・
なんと、小町トンネルが通行止め?
県の道路規制情報には乗っていない(開通した様子もない)ので、
微妙に異なる理由なのかも知れませんが、
朝方はなんの問題もなく通れたのに、
夜8時頃には、お巡りさんが車を追いやっていました。
(漏水、出水があったので点検中・・・とかか?)
大雨が土の中を通って、大量に出てきたのであれば、
最悪、突然、トンネル崩落〜とかもあり得るので、
点検・修復のための通行止めは、やむを得ませんね。
(朝、自分の頭の上に落ちてこなくてよかった〜)

その他、道路規制情報をみると、まぁ、あちこち、
たくさんの通行止め等があるのですね。
まだまだ、大雨処理・対策は終わらない・・・。

おぉ、大型スーパーに寄ると、昨日よりも品薄?
パンが軒並み品不足(新しく入荷していないのか?)。
総菜も少ないし、棚がごっそりなくなっているところも多い。
望むものを望むだけ手に入れられるのは、もうしばらくかかりそうですね。
あちこち、交通規制はあっても、主要道が生きていれば、
姫路方面に買い出しに行くことは出来るだろうから、
あわてて買い占めをするほどではないと思いますけどね。
水やらお茶やらの新規陳列はがんばって確保しているみたい。
posted by あきたな at 23:47| Comment(0) | 日記

2018年07月10日

臨戦態勢

大水での冠水を免れた地域では、
ニュース以外では、水害を忘れている人が
すでにチラホラ出てきているかも知れません・・・。

が、日常のお買い物で大型スーパーなどに
通われている方はご存じだと思いますが、
パンや総菜、肉、おかしなどの
一部の商品棚がからっからになっています。
昨日も今日も同じです。
道路事情は、概ね、回復してきているので、
商品が入荷しないのは、流通の関係ではなくて、
被災地への積極的な輸送によるものではないかと〜〜。

食べるものなどがまったくないわけではありません。
希望する商品がピンポイントでないかもしれませんが、
栄養バランスや量、価格などで困るほどではありません。
運びやすい、傷みにくい、みんなに公平に配りやすい
などの、メリットから、一部の商品は優先的に
利用されているのだとしたら、大した被害のなかった人たちは、
ごくわずかな不自由など気にしないで、
被災地のみなさん(ボランティアさんなども含めて)の
応援になっていることを喜びたいものです。

道路ですが、一部の場所では、冠水、崩落、崖崩れなどで
通行禁止になっている場所があちこちにあります。
私が毎日利用している場所としては、
早島−松島線の峠で(また)、山崩れがあったそうで、
今日も通行禁止でした。
前回、崩れたときには、1車線を閉じて、応急処置を
施したことで、やや、渋滞しやすかったものの、
大きな支障にはなりませんでした。
でも、今回は、ずっと、閉じたままなので、
周辺の道路があちこちで大渋滞しています。

直接、見える形で被災した地域だけでなく、
そのことから、あらゆることに影響が出ているわけで、
まだまだ、臨戦態勢にあることは意識しないといけませんね。

でも、それらが解消したら、すぐに忘れてしまうのかも・・・。
(南海トラフ地震が同時に起こらなくてよかった〜)
posted by あきたな at 22:41| Comment(0) | 日記

2018年07月09日

さらに片付け

今日も、部品の整理に追われています。
一度に全部を広げるのは難しいので、
一回の注文品を仕分けして、同じ、または、同等の
部品にまとめます。
それができたら、別の日の注文品を仕分けます。
同じものが別の日の注文に入っていることも多く、
二度手間、三度手間のようになりますが、
一度にはできないので、仕方がありません。
とりあえず、この2、3年のものを
ある程度分類することが出来ましたが、
古いときの物がまだまだあるので、作業は続きます。
(全部を仕分けるのは無理なので、そのうち飽きる?)

ところで、雨が止んでから、しばらくして、
普段、毎日のように通っている道路で
崖崩れがあり、通行止めになってしまいました。
早島の峠ですが、ここは、以前にも崩れていますし、
そのときも応急的な処置しかしていないようですので、
こうなることは、まぁ、予測の範囲ですね。
ただ、通行止めの看板の説明の「水没」はないだろう。
峠の頂上で、崖崩れですからねぇ。
大雨の影響ではあるけれど、水没はしていないはず〜。
夜になっても、通行止めは続いていたので、
明日も、全面通行止めになるかも・・・。(不便だ)
posted by あきたな at 23:59| Comment(0) | 日記