2019年10月10日

なんとかなった

2019_1010_222435AAa.JPG
今のプログラムには、前の版から続く、使わないルーチンも
後のために、残してあります。
使っていないことを確認しながら、コメントアウトすると、
かなりのメモリーを解放できたようで、
PWM機能を4ポートとも実装できました。
全体の体裁も整えて、一応、完成〜。

まぁ、設定をユーザーが変更する機能をつぶしているので、
コンパイルしたときの設定しか使えないのですけどね。
設定を自分で変更できるのは、イメージ的には便利なのですが、
やってみると、案外面倒だったりするし、
プログラムを見ないと、どうやるんだったか忘れるし(笑)で、
それほど、重要というわけでもないのですけどね。
今は、8ピンのPIC-12F1501を使っていて、
出力は5つのLEDなので、点灯パターンを増やしても
それほど面白みがあるわけでもなく、
安価になるように考えているため、複雑なこともできないのです。
14ピンのPIC-16F1503とか、それ以上のものを使えば、
プログラム・メモリーは倍以上になるから、
機能増設もできるし、LEDも11個とかに増やせます。

現状、製作目的に合わせて、パターンをプログラム上で
変更してからコンパイルすれば、いろいろなパターンで
点滅したり、動作時間を変えたりできるので、
ま、いいんじゃね。(笑)
それに、パターンを一部変更して、
ツリー用のものと、ホタル用のものを
同居させることもできています。
ホタル専用で考えてプログラムは、変更がきくけれど、
その機能が必要ないなら、今の版でカバーできそう。
posted by あきたな at 23:24| Comment(0) | 日記