2022年11月27日

つらい

ヤモリ達の安全を考えて、見たくないけれど、
いつまでも、見ていたい〜。
毎年のことだねぇ……。
幸い、前年に見た子が、次の年にやってくるのを
確認出来ることもあるけれど、
二度と見られなくなる子もいるはずで、
……やっぱり、もう、待避してくれた方がいいなぁ。

夜中、超ミニミニがいたけれど、
蛾を見つけられていないようなので、
待避してもらうために、電気は消してしまったけれど、
ごくわずかなチャンスを残すためには、
灯りを点けておくほうがいいのかなぁ。
動き回るだけでも、エネルギーの損失だしなぁ。
大柄な子が来なくなってから、ちっちぇー子が
来ているのは、追い払われていたからなのかなぁ。
でも、動いてはいるものの、ちっちぇー子たちも
視力は低下しているっぽいし、なんせ、蛾がこないし、
体力の温存の方がいいのではないかなぁ。
長期間の冬眠になるから、ギリギリまで、
エサを探す方が生き残り戦術で有利なんだろうか?

彼らの姿が見られなくてホッとしている面もあるけれど
ちらちら窓を見続けているんだよね〜。
posted by あきたな at 23:26| Comment(0) | 日記