2014年10月31日

わこの高砂酒蔵資料館

2014.10/26、津和野の高砂酒蔵資料館を見学しました。

2014_1026_123628AAa.jpg
わこはお酒を飲めませんが、酒蔵の雰囲気は好きなんですよ〜
酒蔵資料館の建物などは、登録有形文化財に指定されています


2014_1026_123416AAa.jpg
津和野の町をグーグル・ストリート・ビューでお散歩をしている時に酒蔵資料館の看板を見つけたのですよ(^_^)

2014_1026_121024AAa.jpg
販売もしている店頭から奥の資料館に入れます、どうぞ〜

2014_1026_121122AAa.jpg
酒蔵の目印は煙突ですね、酒米を蒸す際の排煙です

2014_1026_123014AAa.jpg
こういう大釜に酒米を入れて蒸します、半分地下に埋めた形で利用されているみたいです、わこの横の台形の板から酒米を投入しますが、その際に洗い米などを運ぶのが、その横のカンラクという背負子です(なぜか、般若の面が乗っていますが:笑)

2014_1026_121240AAa.jpg
酒は、仕込み水が大切ですね

2014_1026_121644AAa.jpg
こちらは、一枚岩をくりぬいて作った石舟ですが、これほど大きいのは珍しいそうです

2014_1026_121848AAa.jpg
発酵用と貯蔵用の樽の違いが分かりませんが、おなじみの大きな樽群です

2014_1026_121948AAa.jpg
酒造りの流れなどの説明と共に、様々な小道具が展示されています

2014_1026_121606AAa.jpg
こちらは、酒槽(さかぶね)で、醪(もろみ)を入れた酒袋を入れ、長い天秤に石を吊して圧力をかけて酒を絞ります

2014_1026_122258AAa.jpg
酒樽で作ったおみこし

2014_1026_122430AAa.jpg
昔使われた酒瓶などの展示棚は、酒樽を割ったもの

2014_1026_122846AAa.jpg
昔のお店のイメージでしょうか、いい感じですね

2014_1026_120928AAa.jpg
おみやげも買いました〜
おや、ありがとね
これは、おかあさんに買ったものですから、勝手に飲んではダメですよ、口当たりのよい甘口のお酒でした
ん?わこも飲んだの?
えーっと、おかあさんに聞いた話しです・・・かね

2014_1026_123824AAa.jpg
津和野駅周辺の町並みからは少し離れていますが、森鴎外記念館などを見に来られた方は、駐車場もあるので、もう一声足を延ばしてみてくださいね、でも、試飲といえども酒気帯び運転はダメですよ

2014_1026_115946AAa.jpg
津和野のマンホールです(^_^) 、ショウブ、鯉の用水の風景ですね

資料館は、現用の工場とは分離されているので、(菌の持ち込みなどで迷惑をかけることを気にしないで)安心して見学できます。
前日に、見学の了解をもらっておいて、訪問しました。
また、津和野警察署にはお散歩について報告してあります。
posted by あきたな at 18:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。