2014年11月17日

わこの奥津渓

2014.11/07、苫田郡鏡野町の奥津渓を再訪問しました。

2014_1107_143928AAa.jpg
大釣橋周辺だけですけどね

2014_1107_141602AAa.JPG
駐車スペースと歩く距離を考えると、わこにとっては、この辺りのお散歩に限られてしまうのが残念です

2014_1107_141906AAa.jpg
もっとも、シーズンをはずせば、のんびりと歩いたり、渓谷の水辺で遊んだりもできるのですが、やはり、紅葉に惹かれてしまいます

2014_1107_142108AAa.jpg
大釣橋の北側に、暗い木々の間に入る細い(本当にうす暗い)小道があるのですが、多くの人は通り過ぎてしまうのが不思議です
道路から数m下がる形で結構広い空間があるのですが、そこから川(吉井川です)の方向を見ると、こんなすてきな紅葉が見られるのですよ〜


2014_1107_142155AAa.jpg
木々に囲まれた空間は薄暗く(通常は、問題なく歩ける薄暗さですよ)、日差しが紅葉を通して差し込むため、すごく映えて見えるのです

2014_1107_142323AAa.jpg
川の清流が岩に当たる様子や音も、とてもさわやかな空間を演出することに役立っています

2014_1107_142608AAa.jpg
川の西側に遊歩道もあるようですが、あまり広くはなく、段差があったりもするので、足腰が心配な方は、広い空間あたりで楽しむ方がいいかもしれません(そもそも、最初の道路から下りる道が不案内な方は、先には進まない方がいいでしょうね、理由ははっきりとは分かりませんが、道案内さんが数名の方々と連れだって先に進む様子を見かけました)

2014_1107_143100AAa.jpg
大釣橋を遠景に紅葉を眺めるにも、すてきなポイントだと思います(橋から眺める方の方がはるかに多いでしょうけれどね)

2014_1107_143246AAa.jpg
大切なのは、何よりも光です、曇り空の時に紅葉を見に出かけてもあまり映えませんが、上手に直射日光が当たっているときの紅葉はすてきですよね〜

2014_1107_143512AAa.jpg
これまで、この空間に行かれたことがない方も、ちょっと覗いてみてくださいね(よほどのことがないと、場所的に危険ではないと思いますが、コケなどで滑らないように気をつけることは忘れないでね)

2014_1107_144256AAa.jpg
中国銀行青楓荘前の広場にやってきました

2014_1107_144622AAa.jpg
ここには、名木百選の大釣の赤樫があります(紅葉はしませんけどね)

2014_1107_144912AAa.jpg
広場の周辺では、いろいろの木々が紅葉しています

2014_1107_145110AAa.jpg
すてきな景色を求めてあちこちお散歩しますが、すてきな場所だからこそ、わこは、同じ場所に長時間留まることはしません、変な着ぐるみがいること自体がお邪魔(笑)ですが、他の方の邪魔にならないように、自分の写真撮影はできるだけ短時間にすませますし、ありがたいことに「写真を撮ってもいいですか〜?」という方が続けていらっしゃっても、そのせいで長時間同じ場所を占有してしまうことがないように気をつけているのですよ(^_^)

2014_1107_145702AAa.jpg
清流に張り出した紅葉が見られる場所は、少し終わりかけていたのと、木の下への狭い通路上に障害物があって側に行けなかったので撮れませんでしたが、あちこちにすてきな風景があるので救われますね

2014_1107_150854AAa.jpg
低い位置に下りてきた紅葉と合わせるのも楽しみの一つです

2014_1107_151134AAa.jpg
青楓荘の駐車場の木々もいい色合いです(私設の駐車場で、ご厚意で見学させてもらえているのですよね〜)

2014_1107_151356AAa.jpg
春には桜がきれいなのでしょうね(見ていませんけど)

2014_1107_150426AAa.jpg
ちょっとお試しをしたのですが、今ひとつ失敗です

20141107さっちゃん2(CATV1)a.jpg
そんなことをしていると、鏡野町のケーブルテレビのスタッフさんにインタビューされました(笑)、「奥津渓はどうですか?」「紅葉がとてもすてきです〜」のようなやりとりをしているところを、「さっちゃん」さんが撮ってくれた写真を送ってくれました、こんな場面を記録した絵を手にできることなど皆無ですから、すごく貴重です、ありがとうございました(一緒に写真も撮ったんですよ〜)

11/5に訪問したときに奥津駐在所でお話をしていますが、この日はご不在でした。
posted by あきたな at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。