2014年12月04日

わこの吉備津神社

2014.12/4、岡山市北区吉備津の吉備津神社に参拝しました。

2014_1204_152022AAa.jpg
吉備津神社は、備中国の一宮で、主祭神は大吉備津彦大神です

2014_1204_152135AAa.jpg
JR吉備線の吉備津駅から松並木の参道が続いている風情もいいですね

2014_1204_152750AAa.jpg
大吉備津彦命が、温羅(うら)という凶暴な鬼神と戦ったときに温羅の矢を奪って置いたのが、この矢置岩だそうです

2014_1204_153054AAa.jpg
表参道の階段にある北随神門は、重要文化財です

2014_1204_153318AAa.jpg
室町中期に再建されたそうです

2014_1204_160732AAa.jpg
階段を上がって北随神門を見下ろしたところ

2014_1204_153536AAa.jpg
参道を上がると、授与所があり、そのすぐ前に拝殿があります

2014_1204_154654AAa.jpg
拝殿と本殿は一体となっていて、室町時代応永32年(1425年)再建で、国宝です

2014_1204_155358AAa.jpg
この美しい姿は、「比翼入母屋造」と呼ばれ、全国唯一の建築様式です

2014_1204_155926AAa.jpg
国宝として貴重で美しいのは当たり前なのかも知れませんが、目の当たりにすると思わず声が出てしまうような美しさがあります

2014_1204_160228AAa.jpg
拝殿から参拝する際に、もちろん本殿の祭殿が見えるのですが、写真を撮ることは失礼なのでできません、ぜひ、「うわ〜」という、うっとりとする心持ちになるために直接お越し下さいね(表参道は多少階段がありますが、坂道ならという方は距離は長いですが廻廊をゆっくりと)

2014_1204_151658AAa.jpg
第2駐車場から見た、上の写真群とは反対側の本殿の屋根です、西日が当たると、輝くのですよ〜また、駐車場はかなり広いので、初詣や祭りでなければ、ゆったりと停められます

2014_1204_160416AAa.jpg
南随神門も、北随神門と共に、重要文化財です

2014_1204_161256AAa.jpg
南随神門は、廻廊の途中にあるので、全景としては結構見にくい配置になっていますが、延文2年(1357年)再建で、吉備津神社内では最古の建造物です

2014_1204_161628AAa.jpg
廻廊は、天正7年(1579年)再建で、自然の地形に沿って一直線に作られていて、全長360mもあります

2014_1204_162018AAa.jpg
えびす宮前の広場から見た、南随神門と廻廊です

2014_1204_163159AAa.jpg
こちらは、御釜殿横の広場から、南随神門と本殿を見たところです

2014_1204_161900AAa.jpg
えびす宮の拝殿です

2014_1204_162204AAa.jpg
えびす宮の本殿です

2014_1204_162438AAa.jpg
岩山宮に続く階段は、アジサイが植えられているので、シーズンにはにぎわいます

2014_1204_163324AAa.jpg
廻廊を折れたところにある、御釜殿は、慶長17年(1612年)の再建で、神秘的な鳴釜神事は全国に知られており、重要文化財です、御釜殿の内部は撮影禁止ですが、神事のないときには、参拝することができます
以前来たときには戸が閉められていたのだけれど、今日は開いていたので、おとうさんは参拝させてもらっちゃった、御釜殿内部全体が煤で真っ黒になっていて、絶えず火が燃えていて、神事ではなくても見ているだけで意識が飛ぶ不思議な感じだったよ
わこも参拝させていただけるはずだったのですが、到着が遅くなってしまい、戸が閉まっていました(T_T)

2014_1204_155136AAa.jpg
本殿脇広場には、樹齢600年のイチョウの神木があります

2014_1204_154218AAa.jpg
拝殿前の授与所脇には、国指定重要美術品の銅鐘が展示されています

2014_1204_162746AAa.jpg
廻廊脇のお庭の水車小屋です

2014_1204_163453AAa.jpg
境内社の宇賀神社は、吉備国最古の稲荷神社だそうです

2014_1204_163836AAa.jpg
駐車場にある、犬養毅の銅像です、第29代内閣総理大臣で、1932年(昭和7年)5月15日に暗殺されました(五・一五事件)、犬飼は岡山市の出身で、吉備津神社から少し南に行ったところが生家です(見学の了解をもらっていますが、まだ行けていません)

2014_1204_152700AAa.jpg
表参道の社碑は、犬養毅の書です

地元の大社ですから、以前から参拝したかったのですが、どうしても気後れしてしまい、延び延びになっていました。午前中は雨が続いていて、急な寒さもあって参拝者が少ないようなので、思い切って社務所に出向いて了解をもらい、やっと、参拝できました。広い境内の一部しか歩けていないので、また、参拝させてもらおうと考えています。(アジサイのシーズンが気になりますが、花の前に立つようになるので、邪魔になってしまうのでためらわれるのですよね〜)
直前に、一宮駐在所に予告していますが、吉備津神社の管轄は高松交番だったそうです。
posted by あきたな at 23:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。