2015年05月08日

わこの経緯度交会点

2015.4/28、八郎潟干拓地の中央付近にある、経緯度交会点を見てきました。

2015_0428_082636AAa.jpg
経緯度交会点というのは、特定の(切りのいい数値が多いですね)経度・緯度が交差する地点のことだそうです

2015_0428_081546AAa.jpg
この地点は、北緯40度と東経140度が交わるところで、10度区切りの交会点としては、日本の陸地では、ここだけになります

2015_0428_081714AAa.jpg
八郎潟干拓地ができるまでは、ここは湖ですから、日本の陸地には10度単位の交会点はなかったことになりますね

2015_0428_081902AAa.jpg
2002年4月まで使われていた日本の測量原点を基準にして、このモニュメントの中央が、北緯40度、東経140度の交会点になります

2015_0428_082038AAa.jpg
北緯40度、あるいは、東経140度というと、世界的に見るとこんな感じです

2015_0428_082310AAa.jpg
周囲には、広〜〜い範囲に、田んぼしかありませんね、それほど広い範囲の干拓地だということでもあります

2015_0428_082442AAa.jpg
すぐ側に水路が流れていますが、地面よりも高い位置を流れているのが分かりますね

2015_0428_082744AAa.jpg
現在では、GPSを使った測量体系が使われていて、それによると、北緯40度、東経140度の交会点は、南東に430mほど離れた場所になるそうです
地球規模のプレートの移動でも、少しずつ動いていることが分かっているし、絶対の座標というわけではないのだろうけれど、日常生活的には変わらないよね

2009_1223_141559AAa.jpg
ちなみに、高知市内に、北緯33.3333度、東経133.3333度の交会点がありますよ(^_^)

後で、五城目警察署に報告しておきました。
posted by あきたな at 22:07| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
秋田にあったのですね。経緯度交会点
それも八郎潟の真ん中なんですね。ということは干拓前には海の中だったことですね。

高知にもあるのですね。
わこちゃん色々物知りですね。
Posted by ハニー at 2015年05月09日 21:20
全然、物知りではなく、現地に行って見かけたことだけ、
へぇ〜っと見聞きしているだけなのですよ〜。
でも、そういう(しょーもない:笑)ことでも
新しく知るって、楽しいですよね。
Posted by あきたな at 2015年05月09日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。