2015年05月19日

わこの十和田湖

2015.4/30、青森県の十和田湖にやってきました。

2015_0430_051137AAa.jpg
前日の夜9時頃だったかに到着しましたが、何もできませんから、キャンプ場の駐車場で仮眠してから、日の出と共に撮影開始〜(笑)

2015_0430_060912AAa.jpg
十和田湖は、十和田火山の噴火に伴ってできたカルデラ湖です

2015_0430_060644AAa.jpg
5万5000年前から何度か大きな噴火を繰り返し、915年(延喜15年)の噴火が、この2000年で国内最大級の大噴火だったそうです

2015_0430_061638AAa.jpg
最深部は、326m余りあり、国内3番目の深さです〜キャンプ場の辺りは比較的浅い場所になりますが、水はとても澄んでいるようですね

2015_0430_065514AAa.jpg
発荷峠の展望台にやってきました

2015_0430_064314AAa.jpg
わーぉ、見晴らしがすてき〜

2015_0430_064518AAa.jpg
観光客さんがまだ少なくて、のんびりと景色を楽しむことができました

2015_0430_070202AAa.jpg
たくさんの人がいては、こんな写真は撮りづらいのですよ〜(^_^)

2015_0430_070102AAa.jpg
遠く北側に見えている山々ですが、あまり自信がありません〜間違いがあったら教えてくださいね(特に、八甲田山は違うかも)

2015_0430_072056AAa.jpg
十和田湖には、観光船や養殖魚を扱う港がありますが、にぎやかさが衰えた桟橋などは、少し放置気味でしょうか? わこは、いい感じだと思いますけどね

2015_0430_075722AAa.jpg
十和田湖の南東側の港にやってきました〜観光船が係留されています

2015_0430_080000AAa.jpg
観光船であちこち見て回るのも楽しそうですが、今回は我慢ですかね〜

2015_0430_080710AAa.jpg
これも観光客が多くなると撮りづらい写真ですね〜大きいのは乗鞍岳(北アルプスではありませんよ〜)かと思うのですが、右側のどちらかが八甲田山?

2015_0430_062514AAa.jpg
せっかくなので、十和田湖の様子が描かれたマンホールを〜

2015_0430_071610AAa.jpg
LEDが使われた豪雪地域の信号機は、もちろん、縦向きになっていますが、同時に、大きく傾いています〜見やすい面を向けるというより、白熱電球ほどには熱を発生させなくて融雪効果が低いので、積雪を防ぐためなのでしょうか?

奥入瀬渓谷にも興味があったのですが、歩かないとダメでしょうし、それには耐えられないぐらい暑くなりそうな日だったので、様子を見に行くのもあきらめました。
弘前警察署で十和田湖に向かう予定だとは伝えてありますが、まるで管轄外ですね、十和田湖畔の交番はご不在で報告ができていませんが、まぁ、よしかな。
posted by あきたな at 23:52| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
これはまた素敵です。
幻想的なショットの数々ですね。
湖の朝日は最高ですね。
大きな観光船もあるのですね。
Posted by ハニー at 2015年05月20日 20:12
湖面が大変穏やかで、観光船などの
反射もはっきりしていていい感じですよね。
Posted by あきたな at 2015年05月20日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。