2015年05月21日

わこのシルバープリンセス

2015.5/1、青森県八戸港〜北海道苫小牧港のシルバープリンセスに乗船しました。

2015_0501_113952AAa.jpg
この日の構想では、岩手県の三陸鉄道をはじめ、青森県下北半島をお散歩するつもりだったのですが、旅行疲れが目立つようになったので、帰路につくことにして、前夜の内に青森県八戸市入りし、港で車中泊をして、早朝の苫小牧行きシルバープリンセスに乗船しました

2015_0501_065819AAa.jpg
乗船待ちの際、シルバーフェリーの僚船シルバークィーンが入ってきました〜やがて、シルバープリンセスが、入れ替わるように出港していきます
八戸〜苫小牧は、シルバーフェリーの4隻のフェリーが、日に4往復しているので、元気ならば、夕方や夜までお散歩してから乗船、北海道入りすればいいのですが、なんせ、疲れてきていたので〜


2015_0501_101454AAa.jpg
シルバープリンセスには、2等寝台という個室があり、運良くチケットを確保できたので、のんびりと過ごせました
チケットを確保した時点で、事務所でわこのお散歩についてお願いしてみたら、船の事務長・船長に尋ねてみるように言われたんだよね〜途中で車両甲板に下りられないので、断られたら辛いところだけれど、わこ一式を連れて船室に行ったわけだ
ありがたいことに、他のお客さんの迷惑にならないように気をつけながらお散歩することを認めていただけたのですが、ここでも、個室を確保できていたのは好都合でした
北行きのシルバープリンセスは、昼間の運行だから、ある意味、昼間の8時間を有効に使えないし、熟睡するには中途半端で、個室を確保する人は多くないのかもしれないね〜この日の乗船人数からして、2等室でぎゅうぎゅう詰めになるほどでもなかったみたいだし、わこにとっては恵まれたタイミングだったんだろうね
結局、熟睡はしませんでしたが、ベッドに寝ころんでいたら、うたた寝はしていたみたいです〜やっぱり、疲れているのでしょうね(^_^)

2015_0501_104020AAa.jpg
せっかくなので、安全に気をつけながら、お散歩しますよ〜

2015_0501_104517AAa.jpg
場所によっては、吹き飛ばされそうなぐらいの風が吹いています

2015_0501_104722AAa.jpg
わこのいる階段下の扉はペットルームのようで、ワンちゃんがいたみたい

2015_0501_104922AAa.jpg
北行きの右舷側は太平洋側になりますから、海と空以外は何も見えませんね

2015_0501_105156AAa.jpg
左舷側は風が強かったのですが、右舷側はそれほどでもないでしょうか

2015_0501_105550AAa.jpg
乗客が行ける最上階の甲板は、さすがに風が吹き抜けていきます

2015_0501_110310AAa.jpg
やはり、右舷側は少し穏やか〜わこの後ろが前方で、ブリッジが見えています

2015_0501_110610AAa.jpg
後方の赤い2本の煙突が、シルバーフェリーの船の特徴のようです

2015_0501_110756AAa.jpg
一番上のデッキはあまり広くありません〜救命艇も装備されています

2015_0501_111008AAa.jpg
上の写真の位置の船内には、のんびりできるソファーがありますよ

2015_0501_111158AAa.jpg
このフロアーには、外が見える浴室があります
まぁ、海しか見えないんだけど、広めの浴槽に浸かってポヨーンとするのは気持ちよかったねぇ

2015_0501_111504AAa.jpg
1等室などがあるフロアーです

2015_0501_111826AAa.jpg
エンタランスホールには、テレビと現在地などを示すモニターがありますが、多くの部屋にもモニターが設置されています

2015_0501_112040AAa.jpg
エレベーターも車椅子でも利用できる多目的化粧室もあります

2015_0501_112322AAa.jpg
出港後は車両甲板に下りられず、3つのフロアーを利用するようになります

2015_0501_113318AAa.jpg
公衆電話もありますよ(場所によっては、携帯電話は圏外でしょう)

2015_0501_112542AAa.jpg
8時間足らずの航海の繰り返しなので、いわゆるレストランはありませんが、電子レンジや湯沸かしポットなどを使って、軽食を用意することができます

2015_0501_112704AAa.jpg
持ち込みもできるようですが、いろいろな自動販売機があり、リーズナブルな値段なので、身軽に乗船するのも悪くないでしょう

2015_0501_112806AAa.jpg
飲み物なども普通にあるので、困ることはないでしょうね

2015_0501_113112AAa.jpg
時間によっては閉まりますが、入・出港の前後しばらくは、売店もあります

2015_0501_112940AAa.jpg
そして、このスペースで、飲食をするようになります〜旅客定員500名に対しては狭いようですが、8時間足らずなので、適当に時間をずらして利用すれば、これでも十分なのでしょう

2015_0501_113232AAa.jpg
1等和室やドライバー室(大型トラック用)はこちら

2015_0501_113544AAa.jpg
外に出ることはできますが、景色にあまり変化がないのですよね〜

2015_0501_113724AAa.jpg
もちろん、救命胴衣や救命筏もあります

2015_0501_114256AAa.jpg
一番下の後甲板は広いです〜

2015_0501_115044AAa.jpg
作業甲板の様子を上からパチリ

2015_0501_115512AAa.jpg
下北半島の北側、おそらく、桑畑山だと思います〜かすかに、複数の風力発電用風車らしきものが見えていますよ

2015_0501_115806AAa.jpg
甲板の後ろから前方を見たところ〜

2015_0501_121355AAa.jpg
2等室近くの手洗い

2015_0501_121454AAa.jpg
そして、2等室〜雑魚寝形式ですが、歓談用の椅子スペースもあります

2015_0501_081936AAa.jpg
乗船開始直後で、まだ人がいないときにパチリ

2015_0501_121126AAa.jpg
じっとしていると退屈かもしれませんが、わこのようにあちこち興味をもってお散歩をしていると、結構、時間をつぶせますね〜お天気がよければ、時々、潮風を浴びるのは気持ちがいいです〜お散歩させていただけて、とても楽しかったです

2015_0501_154538AAa.jpg
16時前、無事、苫小牧港に到着〜「さんふらわ・ふらの」と「きそ」です

わこのお散歩の許可してくださってありがとうございました。
船上の活動なので、管轄外になりますが、苫小牧に着いた後、苫小牧でのお散歩と共に、苫小牧警察署に報告しておきました。
posted by あきたな at 23:58| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
もりだくさんのレポートありがとうございます。
いっぱい楽しまれた船旅ですね。
個室も確保出来てよかったですね。
Posted by ハニー at 2015年05月22日 20:04
何度でも行きたい・乗船したいものの、
実際には、次回がない可能性の方が高いので
あれこれ気になるわけです。(^_^)
Posted by あきたな at 2015年05月22日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。