2015年06月02日

わこの宇野港散歩

2015.5/18、日本丸を見送った後、宇野港のお散歩を少し〜。

2015_0518_102806AAa.jpg
四国フェリーの第85玉高丸が入ってきました

2015_0518_102916AAa.jpg
宇野−高松を結ぶフェリーは、宇高国道フェリーがなくなってしまい、瀬戸大橋が通行止めの時などに交通網としての安心度が下がっていますが、経営的に厳しいので仕方がありませんね〜瀬戸大橋があったって原付や小型二輪は利用できないし、将来的に宇高航路がなくなると困るのですよね〜

2015_0518_103300AAa.jpg
日本丸に付き添っていたタグボートの大鳳丸が帰ってきましたよ

2015_0518_103428AAa.jpg
第3バースの端っこが、係留場所になります

2015_0518_102556AAa.jpg
日常ではなく、今年のたまの港フェスティバルの時だけではありましたが、帆船みらいへが変化を与えてくれましたね〜信号旗は、日本丸を見送るためのUW旗です

2015_0518_103712AAa.jpg
日本丸が出港したので、UW旗も下ろされました

2015_0518_104634AAa.jpg
事前に乗組員さんと話しをするチャンスがほとんどなかったため、結局、みらいへには乗船できませんでした

2015_0518_104204AAa.jpg
次回、出会えるのはいつのことでしょうね〜あ、最近、楽しいペイントが施されたフェリーなおしまがいますね

2015_0518_110338AAa.jpg
出港時間を迎えて、なおしまは出港していきました

2015_0518_105052AAa.jpg
この時期の定例かな、宇野−豊島−小豆島航路に、めおん2が就いていますよ

2015_0518_105434AAa.jpg
以前、フェリーターミナルの貼り紙で見ましたが、フェリーてしまの船舶検査の間の代役なのでしょうね

2015_0518_105314AAa.jpg
めおんとめおん2の通常の運用はよく分かりませんが、基本的には、高松−女木島−男木島を結んでいるのではないでしょうか、昔、女木島に行きました

2015_0518_110014AAa.jpg
めおん2の車両甲板は全通しではないようで、バックで乗船していました

2015_0518_111235AAa.jpg
小型船の浮き桟橋に、岡山県警のはやなみが係留されていました〜海保ではなく、県警も船をもっているのですね、初めて見ました

2015_0518_111527AAa.jpg
臨時的に係留していたのかと思いますが、通常は、どこにいるのでしょう?

2015_0518_111852AAa.jpg
小型船浮き桟橋は、元は、宇野港の主力岸壁だった、第2バースに作られましたが、その元々の岸壁などが、一部、遺構として残されています

2015_0518_112142AAa.jpg
反対側から見たところです

2015_0518_112532AAa.jpg
わこはもちろん、おとうさんも宇高フェリーに乗ったことがなく、古い宇野駅を含めて、この辺りの様子はよく分かりませんが、資料はちゃんと残されているはず〜この写真の左側(東側)に宇高丸が接岸して、国鉄の列車を乗せていたのでしょう〜宇高フェリーは、高松側も宇野側もここしか遺構がないそうで、放置気味ではありますが、大切な産業遺産なのです

2015_0518_112927AAa.jpg
宇高丸は、わこの方に向かって(前後は分かりませんが)ここに接岸していたようです〜表層部は、整地されていますが、土台部分は、当時のままなのだそうです

2015_0518_110802AAa.jpg
玉野市の色つき汚水マンホールです(笑)

日本丸の入港〜出港のお散歩の延長として、玉野警察署には事前予告してあります。
posted by あきたな at 15:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。