2006年10月05日

肌タイツの染色・・・微妙〜

腕用タイツにする長手袋が手に入ったので、染めておきましょう。
綿はすぐに濃く染まることが分かっているので、後回しにして、
前回うまく染まらなかった首タイツ、足タイツの再染色を先にします。
Dcp00658.jpgDcp00659.jpg
染色にはダイロンだったかな、を買ってきています。
前回、うまく染まらなかった原因として、お湯の量が多すぎて、
薄くなってしまったことが考えられるので、
今回は、お湯の量をずいぶん少なくしてみました。
一番染まったほしいのが首タイツなので、それから放り込みました。
Dcp00660.jpgDcp00661.jpg
何となく色が付いたようなので、足タイツも放り込みます。
確かに、先に入れたものの色が少し違うので、それなりに
染色が進んでいるのでしょうか。
そして、予想通り、綿の長手袋は、すぐに染まりました。

ここに来て、タイツ(ナイロン系ストレッチ素材・・・かな)の方は、
今一つパッとした色にならないので、ダイロンをもう一つ使いました。
先に使ったのは、何とかベージュ、後で使ったのは、ピーチです。
2つ使い、お湯の量を少な目にすることで、そこそこいい色に
なってきた感じですね。

・・・ところが、もう大丈夫だと思ってすすぎをすると、
タイツの色は、ほとんど抜けてしまいました。(T_T)
もう少し時間をかけて放置することで、定着するのかもしれません。
すすぎをするのが早すぎたかも・・・。
白色ではなくなりましたが、きれいな肌色にはなっていません。
うーん、染色は、もうしばらく試してみないとダメかぁ〜。

そうそう。 容器として、炊飯器の釜を使っています。(笑)
別に、コーティングが好都合だとかの理由ではなく、
おいしいご飯が炊けなくなって現役を退いた炊飯器の中から
釜を取り出しただけのことです。 適当な器がなかったので・・・。
posted by あきたな at 02:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]