2015年07月27日

わこの護衛艦さみだれ

2015.7/25、玉島ハーバーフェスティバルに、護衛艦さみだれ が来てくれました。

2015_0725_102340AAa.jpg
なかなか情報に触れることがなくて心配していましたが、岡山地方協力本部のサイトに掲載されていたので、何とかやりくりをして見学にきました〜

2015_0725_114932AAa.jpg
DD-106、むらさめ型6番艦のヘリ搭載護衛艦です

2015_0725_120742AAa.jpg
全景の写真が撮れていませんが、全長151mの、少し大きな船です


2015_0725_102138AAa.jpg
前日の寄港時に、艦長さんの了解をもらえたので、喜んで飛んできました〜乗艦開始時には、それなりに並んで待つ人がいましたが、すぐに待機列はなくなりました〜その代わり、艦橋にも上がれることもあって、そこに見学の人がたまりやすくて、甲板上で待つようになりましたが、岸壁で待つよりもうれしいな(ただし、すごく暑い日だったので、中には体調を崩すような人がいたかもしれません、難しいですね)

2015_0725_102421AAa.jpg
乗艦すると、さざなみのパンフレットをもらえます〜後ろの丸いのは、岸壁と舷側との間にはさむダンパーですね

2015_0725_102454AAa.jpg
緊急時の救命ボートですかね〜カッターもありますよ

2015_0725_102526AAa.jpg
ところどころにある救命浮き輪は、転げ落ちた人や海に浮かんでいる人を救助するためのもので、退艦時を想定した数ではないでしょうが、すぐに使える救命具として目に付くところにあるのは安心ですね〜自動動作の救命ブイもありますよ

2015_0725_102725AAa.jpg
ヘリコプターの格納庫では、火災時に使う防護・耐熱服の展示もありました

2015_0725_102820AAa.jpg
波が荒いときにヘリが離着艦することもあるわけで、事故があると、火災が避けられませんから、こういう服がいろいろと常備されているわけです

2015_0725_103500AAa.jpg
格納庫の脇には、ヘリの発着艦支援装置が埋まっています〜ローターや本体がぶつかってきても大丈夫な造り・強度なのでしょうね

2015_0725_103624AAa.jpg
さみだれ など、むらさめ型のヘリ格納庫には、2機のSH-60クラスを収納できるそうです(運用には少し手間がかかるみたいですが)〜アデン湾への派遣などでは、2機体制で臨んでいます

2015_0725_104358AAa.jpg
ヘリ甲板の周りは、なだらかな坂になっていて、少しでもヘリの離発艦時の安全を確保するように工夫されているようです(未確認ですが、防護柵も可倒式になっているとか?)

2015_0725_103922AAa.jpg
ヘリ離発艦時の事故に備えて、消防装備も充実していますね

2015_0725_105646AAa.jpg
中央付近にハープーン対艦ミサイルが装備されています〜通常時に、瀬戸内海で対艦ミサイルをたくさん積んでいても仕方がありませんし、岡山に来てくれる艦船は、1×2か2×2の構成がほとんどなのですが、今回、3×2の構成を初めて見ました〜さすが、海賊対策で海外派遣にも使われた艦船ですね〜そして、ハープーンの後ろ側(写真では左に見切れている)に発展型シースパロー(ESSM)用の垂直発射筒が格納されています

2015_0725_105832AAa.jpg
甲板から艦橋へ上がっていきまーす(ちなみに、このルートだと、3連装短魚雷発射管が見られなかったりします)

2015_0725_105900AAa.jpg
く途中で、ハープーンのすぐ近くを通りました(90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)に換装されていますが、ハープーンが積まれていることもあるらしい)〜やはり、迫力がありますね

2015_0725_105956AAa.jpg
振り返ると、変わった形の金だらい、もとい、衛星通信用アンテナ(?)が見えます〜ちなみに、煙突は、前後で配置が違います

2015_0725_110034AAa.jpg
アンテナ・レーダー・マストが高い〜こういう写真は初めて撮れました

2015_0725_110232AAa.jpg
チャフ・ロケット・システムです〜久しぶりに見ました〜チャフロケットやIRデコイを発射して電子防御を行います

2015_0725_110458AAa.jpg
大きな大きな双眼鏡〜100円玉を入れるところはありませんよ(笑)

2015_0725_110700AAa.jpg
マストに掲げる国際信号旗が整理・収納されています〜今回は、識別旗はあったかもしれませんが、WELCOMEなどのメッセージ旗はなかったようです

2015_0725_110744AAa.jpg
探照灯ですかね

2015_0725_112418AAa.jpg
こちらは測距儀で、目的物までの距離を測ります〜今は、レーダーやらの電子機器が主流かもしれませんが、万が一の時に、単純な構造(精度は高い)の機械が備わっているかどうかは重要な分かれ目になりますね〜その奥は、信号灯でしょう

2015_0725_112726AAa.jpg
艦橋にやってきました〜精度の高い大きな羅針盤がいいですね〜ちなみに、見てはいけないコーナーには気付かないようにしながら見学しましょうね

2015_0725_113042AAa.jpg
左側のシートは艦隊司令などが乗艦しているときに使います〜赤いシートカバーは、一等海佐を意味しています〜今回は、艦隊司令も来岡しています

2015_0725_113438AAa.jpg
右側が艦長席です〜赤青なのは、通常、2等海佐が艦長の任を執るから

2015_0725_113554AAa.jpg
操舵士の席です〜2008年に「ひえい」に乗艦したときには操舵席に椅子はありませんでしたが、船が揺れたときのため(?)に、柱があって、もたれて体を保持する仕組みになっていたようです〜一般見学の時は、これ以上ないぐらい穏やかなわけで、激しい嵐の中で椅子に座るのと柱にもたれているのと、どちらが操船しやすいのだろうか、とか、ちょっと考えてしまいました〜

2015_0725_113642AAa.jpg
艦橋まで、結構、階段を上がってきており、今度は、内部を降りていきます

2015_0725_113830AAa.jpg
甲板レベルに、さみだれの銘板がありました

2015_0725_113908AAa.jpg
甲板に出てきました〜上の斜めに延びているのもアンテナだそうです

2015_0725_114104AAa.jpg
前甲板には、アスロック用の垂直発射装置があります〜ヘリ格納庫の上にもありましたが、前部にもCIWSが装備されています〜艦橋横に2機ではなく、前後に2機というのは、甲板上の構造物の傾斜などと共に、ステルス性を高めるための工夫のようですね

2015_0725_114346AAa.jpg
おなじみ、オート・メラーラ社の76mm 単装速射砲〜残念、模擬弾の展示はありませんでした(笑)

2015_0725_114434AAa.jpg
艦尾の旭日旗を見たときには、風がなくて寂しかったのですが、艦首の日の丸は、そこそこ風をはらんできれいでした

2015_0725_114640AAa.jpg
暑い中でしたが、いろいろなものを見せてもらえて楽しかったです〜

もちろん、事前に許可をいただいて、一般見学として乗艦させてもらい、関係者の指導の下に見学させてもらっています。
玉島ハーバーフェスティバルの実行委員会の了解もいただいており、前日、玉島警察署にも事前予告してあります。
posted by あきたな at 23:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。