2006年11月02日

美観地区散歩4:人力車でお写真

人力車できれいな写真を撮ろう〜(大正村のリベンジ)編です。(笑)

sm1029_135a.jpg
先日、チラッと見かけて気になっていた看板がこれ。
ウソか本当か、100円で写真を撮らせてくれるとか・・・。 (本当です)
おじさんにお願いして、わこの写真を撮らせていただきました。

sm1029_137a.jpgsm1029_138a.jpgsm1029_139a.jpg
人力車に乗ったことがある人は分かると思いますが、
結構、高い位置での乗車になるのですよね。
普通の服装なら、乗ること自体には問題はありませんが、
段差がかなりあるので、わこは一苦労です。
大正村では、振袖だけでしたので、袴装の今回の方が段差には
対応できたのですが、逆に袴と振りを写真用に整えるのが大変でした。
そもそも、自分で整えようとすることに限界があるのですけどね。

sm1029_140a.jpgsm1029_141a.jpgsm1029_142a.jpg
人力車が2台待機しているときなら、もう一人の車夫さんに
撮影を頼むことができるのかも知れませんが、その辺りは、
お願いしてみるしかないでしょうかね。
今回は、補助者がいますので、わこの記念写真はバッチリでした。
・・・でも、他の観光客さんが不自然に写り込まないようにするには、
あらかじめ、撮影する方向や位置を考える必要があるかもしれません。
逆光にならない時間帯なら、反対側から用水を背景にして撮影する方が
後に人が写らないのでいいかもしれませんね。
前を横切られたら・・・撮り直させてもらいましょう、やっぱりね。(笑)

sm1029_145b.jpg
パチリ!
素敵な写真が撮れました〜。\(^_^)/
(実際は、一人写り込みがあって、ちょっと嫌だったので消しています)

100円で一枚だけ、というわけではないようですが、
今度はこちらから撮るよ、次は少し歩いて・・・などと注文を付けるのは、
おじさんの手間を考えると、あまりにも失礼です。
補助者がいるので連続的に数コマ撮らせてもらっていますが、
その間、おじさんは、きちんとポーズをとり続けてくれているのです。
そのことを考えると、注文などつけられませんよね。
極端に周りの様子がよくない場合などに、少しだけ待ってもらい、
タイミングを見計らって撮影する・・・ぐらいでしょうね。
待つなら待つで、おじさんに楽をしてもらうぐらいの
心遣いはしたいものです。
少し場所を変えて写真を撮りたい、などの希望があるなら、
ちょい乗りコース800円だったかを利用するのがいいでしょう。
これなら、いくつかの場所を背景にして撮影することにも
応じてくれるのではないでしょうか。
また、説明してもらいながらのんびり揺られていくのも楽しそうですよ。
その場合は、結構広い範囲を案内してもらえるみたいです。
一人2800円だったかな。

sm1029_147a.jpgsm1029_150a.jpg
一見、問題がないようですが、かじ棒を降ろすときには
足下の踏み板がかなり前傾しますから、体重を前にかけていたら
おそらく、前のめりに、顔から落ちていくでしょう。(笑)
こけても誰もほめてくれないので、慎重に降りましょうね。
ここでも、わこは一苦労です。

sm1029_151a.JPGsm1029_152a.JPGsm1029_153a.JPG
100円では申し訳ない感じですが、とても楽しかったです。
本来は、ちょい乗りであっても、観光案内がメインのはずですが、
もっと、気軽に遊ばせてもらってもいいのかもね。
混んでいる時には、後回しにするなど、少し遠慮した方がいいと思いますが、
どんどん、写真を撮らせてもらいましょう〜。 (営業妨害かも)

sm1029_155a.JPG
代金の支払い等も、わこは(それなりに)演技をしていましたので
グリーティング体制に入っておらず、周りは見えていません。
結局、最後まで、写真を撮られていることに気づいていませんでした。
これが、一般の人だったら、ちょっと(かなり)嫌でしょうね。
かっこいいから、美人だからと勝手に写真を撮るのは盗撮ですよ。
ワンテンポ待って、「一緒に撮らせてください」と一声かけるだけで、
何倍も素敵な写真が撮れると思うのですけどね。
いわば、そのためにわこはお散歩しているのですから・・・。
posted by あきたな at 15:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]