2016年07月29日

わこの海保りゅうおう

2016.7/23、海上保安庁の「りゅうおう」の見学をしてきました。

2016_0723_145826AAa.JPG
りゅうおうは、よど型巡視艇です〜消防巡視艇として、水島に配備されています

2016_0723_145752AAa.JPG
消防・消火装備を備えた汎用巡視艇なのでしょうね

2016_0723_150140AA.JPG
乗船しました〜これまで、安全の確保に不安があるとのことで乗せてもらえなかったのですが、くじけず(笑)、海保のブースで相談をしたところ、安全確保の自己責任や見学者が少ないなどの状況をみながら、乗船を許可できる可能性があるということになり、ついに、乗せてもらえました

2016_0723_150234AAa.JPG
消防・消火や各種の巡視活動のために、甲板は、整理された、シンプルな感じですね

2016_0723_150254AAa.JPG
高い位置からの放水用の放水銃など、全部、リモート操作できます

2016_0723_150352AAa.JPG
こちらは、消火活動中に司令室を守るために上方に噴霧放水する装置です
主要機器や隊員の安全を守るためですが、これがあるから、もう少し近づけ〜なんて、無理はしないように作業にあたってほしいですね


2016_0723_150610AAa.JPG
船内に入りますよ〜

2016_0723_150650AAa.JPG
個別の装備など

2016_0723_150740AAa.JPG
ここは、食堂や休憩・会議室として使うスペースです

2016_0723_150824AAa.JPG
ブリッジに上がってきました

2016_0723_150836AAa.JPG
こちらは、船長席で、各種レーダーが装備されています

2016_0723_150920AAa.JPG
ブリッジ前からヤッホー〜前甲板、後甲板にも通じています

2016_0723_151056ABa.JPG
後甲板にある、ゴムボート

2016_0723_151354AAa.JPG
潮の満ち干の関係で渡しはしごがずれてきたのか、かけ直してくれています

2016_0723_151638AAa.JPG
たまの港フェスティバルのときに、よく来てくれますので、興味のある方は見学に行くと面白いと思いますよ〜放水活動の様子を見られることもありますね

安全に見学ができるように、関係者の皆さんが常に気を配ってくれていますが、海に落ちたり、けがをしたりしないように、各自が十分気をつけましょうね〜特に、子どもさんからは、目も手も離してはダメ。
そして、海のもしもは、118番。
posted by あきたな at 17:37| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
わこさんの説明で、たまの港フェスティバルの魅力が良く分かりました。来年は是非とも行きたいです。最近は猛暑日の連続なので、お体にはお気を付けて下さい。
Posted by タカユキ at 2016年07月30日 06:09
わこは、屋台やステージの紹介はほとんどしませんが(食べられないし〜ステージへのみなさんの集中の邪魔になるし〜)、人それぞれで楽しいコーナーがたくさんあるはず。簡単な内容紹介は、専用サイトに上がるでしょうし、興味があったら、行ってみてくださいね。
わこが紹介する内容にまったく興味のない人だってたくさんいるはずですしね〜。

えーっと、玉野系は、駐車場が問題になることがよくあるので、あらかじめチェックしておく方がいいですよ。大人の事情がからむみたいで、不信感をもったり、時には怒りを覚えたりすることもあり得ますので…。たとえば、500円の駐車料金を妥当なものと考えるなら、駐車場はそれなりに便利なところにあるのですが、いわゆる無料駐車場はない、ないよ、この先にないからね、遠くに用意した無料駐車場を利用してね、ないからね…と、間違ってはいないけれど、初めての人の各自の事情(足腰が弱い人がいるとか)など、まったく考慮しない情報しか出ていなかったりしますので…。
シャトルバスがない花火大会もあるし、シャトルバスがあってお炎天下で待つことで体調不良から事故につながりかねない状況があるし…。
JRで行くことも同時に検討するといいかも、です。

人が多く集まる場所では、他人の迷惑を顧みない人も増えますしねぇ…
Posted by わこ at 2016年07月30日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。