2016年08月01日

わこの御袖天満宮

2016.7/16、尾道市の御袖(みそで)天満宮に参拝しました。

2016_0716_140956AAa.JPG
御袖は、菅原道真公が、太宰府へ左遷される際に尾道に上陸し、土地の人々から馳走されたことに感謝して自身の片袖を破って自分の姿を描いて与えたものだそうです

2016_0716_141232AAa.JPG
その後、その御袖を祀るほこらを建てたことを創祀として、御袖天満宮となりました

2016_0716_141642AAa.JPG
現在の参道からちょっと寄り道をしたところに、菅原道真公が上陸した際に腰をかけたとされる、腰掛石があります

2016_0716_141426AAa.JPG
こちらが、菅公の腰掛石です

2016_0716_142006AAa.JPG
ゆっくりと上がれば、それほどツライと言うほどではないのですが・・・

2016_0716_142208AAa.JPG
とにかく、参道の階段を上がっていかなければなりません〜ふぅ、ふぅ

2016_0716_142416AAa.JPG
山上に鎮座する神社の多くは、拝殿の近くまで車で上がれるものですが、尾道は、山肌の傾斜もきつく、車が途中までしか上がれないところばかりで、
御袖天満宮も、自身の足で歩かなければ、拝殿に行けません〜ハァ、ハァ…
やっと、神門が見えてきました


2016_0716_142836AAa.JPG
神門をくぐると、拝殿が見えてきますので、もうひとがんばり

2016_0716_143258AAa.JPG
拝殿前の広場から神門を見下ろしたところです〜ほんの55段なのですが〜ふぅ・・・
ちなみに、この階段では、映画のロケなどによく使われます(転校生とか)
階段の幅約5mの石は、最後の1枚を除いて、1枚岩で作られています
尾道市街地を見下ろす景色を見ると、上がってきた苦しさも和らぎますね


2016_0716_143554AAa.JPG
息が落ち着いてから、参拝させていただきました
ご祭神は、菅原道真公です


2016_0716_145048AAa.JPG
ちょうど、天神祭の中日で、夕方からのイベントの準備でお忙しくされているところなのですが、少ない参拝の機会なので、お願いをして、御朱印をいただきました

2016_0716_143932AAa.JPG
舞殿がイベントの舞台になるみたいですね、氏子のみなさんが準備をされています

2016_0716_145822AAa.JPG
こちらは、境内の、さすり牛(撫牛:なでうし)

2016_0716_150444AAa.JPG
御袖神社に隣接して、大山寺がありますが、前身の天神坊境内に、延久年間(1069年 - 1074年)に、御袖を祀るほこらを建て、明治の神仏分離までは、一体のものでした
奥の建物が、御袖神社のものです(本殿の近くには行けないのです)


2016_0716_150640AAa.JPG
御袖神社との境には、ちゃんと渡し道がありますが、大山寺自体の参道は、御袖神社とは別にあり、仏門に出てこれます

2016_0716_150746AAa.JPG
わこの後ろは、経堂だったでしょうか

2016_0716_145956AAa.JPG
ここで鐘をつけば、市街地全体から向島にかけて、聞こえるのかな〜谷を越えて向かいの山には、千光寺やロープウェイが見えています

2016_0716_150244AAa.JPG
市街地を見下ろしながら、山を渡る風が気持ちいいですよ(暑すぎなければ:笑)

2016_0716_145308AAa.JPG
イベントが始まる頃になると、参拝者/見学客があふれてきて、落ち着いて参拝することが難しくなるので、早めに上がってきたわけです
実際、夕方にもやってきましたが、参拝はできても、写真は難しかったです
とりあえずの目標を達成できたので、疲れ切る前に下りていきましょう


2016_0716_151908AAa.JPG
神門のところに、狛犬さん達がいます、こちらは「阿」さん

2016_0716_152006AAa.JPG
そして、こちらが、角のある「吽」さん

2016_0716_151232AAa.JPG
神門の横には、小さな神社があります

2016_0716_151342AA.JPG
こちらは、厳島神社です

2016_0716_151544AAa.JPG
こちらは、桃咲稲荷神社です

2016_0716_151708AAa.JPG
尾道では、あちこちの道をつなぐ、こんな細い道がたくさんありますよ
車が通る道は、東西に走るものが目立つけれど、尾道は港町なので、海岸から山に向かって延びる道が元々の大切な道で、それらをつなぐ横道が、こういう道なんだろうね

2016_0716_152404AAa.JPG
参道入り口付近にまで下りてきました〜天神町歴史展示館というところがありますよ

2016_0716_152708AAa.JPG
こちらは、各地区にある、それぞれの神輿…かな〜祭りの最終日には、この神輿が、55段の階段を勇壮に上がり下りするらしいですよ〜次の日の、晴れ舞台に備えて、きれいに整えられた神輿です〜写真を撮るのを快諾してくださいましたが、地元の人にとっては、自慢の神輿なのでしょうね

2016_0716_182306AAa.JPG
尾道商業会議所記念館などを見学した後、休憩を取り、夕方の御袖神社に再登場ですよ〜夕方は、全国仮装大会inおのみちの連動イベント「仮装ストリート」としての参加になるのですが、夕方から夜にかかるため、懐中電灯などの夜装備などの準備が必要になります

2016_0716_183332AAa.JPG
提灯に明かりが点り、夜の雰囲気が徐々に出てきます

2016_0716_191632AAa.JPG
まだ薄暮なので、空には明るさが残っていますが、暗くなりすぎても見えないし、安全のためには、ちょうどいいぐらいの時間だったでしょうか

2016_0716_192140AAa.JPG
夕方の出し物はすでに始まっていて、境内は大賑わいです〜写真が撮れないのも残念なので、拝殿の横にお邪魔しています〜神職さんが気づいて、にこやかに何かを話されていました(笑)

2016_0716_190804AAa.JPG
なかなか息が整わないので、人のほとんどいない大山寺に待避中(^_^)

2016_0716_183832AA.JPG
全国仮装大会inおのみちの宣伝ちらしを配りながら、仮装ストリート参加中の仮装大使さん

2016_0716_193644AAa.JPG
こちらの仮装大使さんは、子ども達へのグリーティングを主に担当されているのでしょう〜仮装大使さんたち(他にもいる)は、本大会にも参加されますよ

今回、仮装ストリートとして、夕刻の参拝は自由にできるようでしたが、わことしては、参拝している様子を写真に残したいこともあって、あらかじめ、御袖神社さんに個別にお電話をして、わこの事前の参拝の了解をもらっておきました。
午前中に行けると、涼しくてよかったのですが、結局、実際に参拝できたのは、2時頃からでした。
とても、暑かったものの、わこなりに、落ち着いて参拝させていただくことができたので喜んでいます。
夕方の再登場は、仮装ストリート参加のイメージで出ていますが、特別に何かを担ったわけではなく、賑やかしの一つになったかも?ぐらいでしょうか。(^_^)
参拝前に、尾道警察署に寄って、報告しておきました。
posted by あきたな at 23:58| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
わこちゃん
暑い中尾道までお疲れさまでした。
いっぱい写真も撮られてよかったですね。
見せていただきありがとうございます。
転校生の階段も行かれたのですね。
Posted by ハニー at 2016年08月05日 20:17
わこさん御袖天満宮の様子を細かくご説明、有難うございます。とても暑い中大変だったと思いますが、提灯の前の、わこさんの姿は綺麗でしたよ。
Posted by タカユキ at 2016年08月05日 21:09
保冷剤が効いている間は、まぁまぁでしたが、
固まるタイプが解けてからは、苦しかったです〜。
それなのに、8月の仮装ストリートと
9月の全国仮装大会inおのみちに参加しようと
考えているのですから、あんぽんたんですね〜。(^_^)
ハニーさんについてきてもらうには、
ちょーっと、長い距離を歩くようになるので
お願いしにくくて・・・。f(^_^;)
9月下旬はまだまだ暑いですしね〜。



提灯に明かりが点った雰囲気はいいですよね。
でも、人が多くて、今ひとつの出来なのが残念。
写り込みを避けるタイミングをみるなどは、
セルフでは撮りづらくて困ります。
でも、ベストショットは撮れなかったものの、
全体として参拝できたことは満足なのです〜。
Posted by わこ at 2016年08月05日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。