2016年10月22日

わこのちよだ・さざなみ

2016.10/21、玉野市三井造船所で艤装中の潜水艦救難艦ちよだを見てきました。

2016_1021_141107AAa.JPG
つい先日、進水したばかりの、ASR-404です
ちよだは、現在、AS-405が就役中ですが、30年以上経過したことから、次期潜水艦救難艦の取得が認められて、今回のASR-404が建造されました


2016_1021_141432AAa.JPG
今後、数年(?)かけて、艤装が施されるので、就役はまだ先です
ドックに入ってしまう前に岸壁に係留中の今、見に来たわけです
(ドックに入るのかどうかは分かりませんが、入っちゃうと見えませんしね)


2016_1021_143634AAa.JPG
三井造船近くの港からは、真正面の姿が見られます

2016_1021_143808AAa.JPG
今は、潜水艦が防衛上の重要な役割を担いますし、もしもの時に、素早く、有効な救難活動を行うための潜水艦救難艦の整備はとても大切ですね

2016_1021_142044AAa.JPG
ところで、三井造船玉野事業所の岸壁には、もう一隻、護衛艦が係留されています

2016_1021_142114AAa.JPG
DD-113 さざなみです
昨年の冬に見つけてから、同じ場所に係留されているみたいですね
ドックでの整備ではなく、岸壁係留で対応できる整備なのでしょうね


前日、玉野マリン交番(交番二つを統合して、新しく作ったらしい)に、報告しておいたのですが、予定時刻が大きくずれたので、再訪問して報告しておきました。
posted by あきたな at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。