2006年12月04日

衣装を選ぶ美観地区?

倉敷美観地区って、ホットですかぁ? (笑)
HOSOnさんが遊びに来たくて、仲間を集めようとしていると見た。 |_・)
http://www.wa.commufa.jp/~wondrous/
いよいよ、準備を進めないといけなくなったゾ〜。


ところで、この美観地区ですが・・・
やはり、衣装を選ぶ感じがします。

わこ1203_25.jpgりこ1203_79.jpg
昨日、りこで歩いてみたのは、将来のイベント/オフ会を見越して、
当たりを見たかったということもあったわけです。
大島や小紋など、様々なお着物で歩かれているお嬢さんもいるのですが、
よい意味で目を引いており、場所柄、雰囲気はとてもいいです。
和装のわこも、着物を着ているという意味で、特別の違和感は感じません。

しかし、りこの場合、微妙に反応が違っていました。
「着ぐるみ」の珍しさに対して関心はもたれるのですが、
どことなく浮いた感じがします。
見てお分かりのように、りこの古めかしい雰囲気の衣装でも、です。
「萌え〜」の衣装や、アニメのキャラクターのままだと、
完全に浮いてしまうように思います。
更衣場所を貸していただいているNさんとお話をしても、
りこは、商店街を歩くのがせいぜいで、美観地区の雰囲気には
あわないのではないか・・・と、素直な感想を寄せてくださいました。

キャラクターとしての着ぐるみさんを前面に出したいなら、
それに相応しい場所に出る方が素敵ですよね。
例えば、毛ぐるみさんたちが出るなら、遊園地や子どもが中心の
イベント会場の方が、より喜ばれるはずです。
パンダの毛ぐるみが美観地区を歩いても、変ですよね。
萌えキャラクターも、オリジナルのままでは、同じことだと思います。

美観地区は、明治とか大正とか時代的イメージは強くありませんが、
洋装で考えると、鹿鳴館だとか、大正浪漫だとかの雰囲気があれば、
この場所で息づいているかわいい着ぐるみさん、として
案外、自然に受け止めてもらえるのではないでしょうか。
あるいは、現代であっても和装にするか、でしょう。
夏なら、浴衣あわせ、という遊びもできるかも知れませんね。

美観地区の場合は、背景の中で着ぐるみさんを生かすために、
少し工夫が必要なのではないかという気がするのですが、いかがですか?
posted by あきたな at 18:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]