2009年01月03日

リモコン不調

キャノンのリモコンの改良を目指しているのですが、
現状、改悪とも破壊ともいえる状況に低迷したままです。
P1050365a.JPG
まず、接点を磨いて動作しやすくしようとしたのですが、
これが大失敗で、導電性物質をこすり落としただけでした。
つまり、ボタンを押しても、検知できなくなったのです。
また、別のリモコンのスイッチを流用しようとしたのですが、
これもうまくいきませんでした。
では、と、接点を引き出してやろうと思ったのですが、
パターンが同じく導電性の物質で、はんだ付けができません。
復元する形での修理は難しそうです。

接点を引き出せないのは痛いです〜。
改良しようにも手が出せなくなってしまいます。
昨年のホタルのときに、正常なリモコンを大地に寄付したので
半壊状態の今のリモコンしか残っていないのです。
ズームもほしいところなのですが、最悪、レリーズだけでいいから
学習型リモコンを買ってきて、とりあえず、データだけでも
退避させておいた方がよさそうです。
そうすれば、後々、リモコンを増産したときに、
データを移すことは・・・たぶんできると思うのですよね。
今日のリモコン修理は・・・失敗に終わりました〜。
posted by あきたな at 04:27| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは。

あきたなさんは とっても 詳しいですね。

なんで?

なんでも こうやって トライするのも とっても 楽しいと 思います。
Posted by かんちゃん at 2009年01月03日 21:25
学習型リモコンを買ってきました。
これにデータを一時退避しておこうという企みですが、
本質的に何か違っているような気も・・・。(笑)
Posted by あきたな at 2009年01月04日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。