2006年12月23日

OKとNGの差は?

着ぐるみグリーティングの活動場所を確保するために、
あちこちお願いして回ってきました。
いいよ〜ん、と言われることもあれば、ダメだよ〜んという場合もあります。

OKが得られたのは、倉敷市民会館の外回りと芸文館の中庭。
倉敷市民会館は、以前、更衣場所として借りられないか問い合わせて
断られたわけですが、ここでの出会いが、現状の幸運につながっています。
ところが、そのことばかり頭に残っていて、建物の周りで
撮影に使えそうな背景を利用できるかどうかの許可を得ていなかったので、
4月の着ぐるみ撮影会(?)の撮影場所の確保を意識して、
お願いしに行きました。 本来の業務の妨げにならず、他のお客さんの
邪魔にならないのなら大丈夫だろう、ということで許可されました。
芸文館は、倉敷振興財団の管理だと思っていたので、ウロウロしてしまい
ましたが、結局、芸文館の事務所で話を聞いてもらい、
一般の公園のような扱いになっていることもあって、OKをもらいました。
ちなみに、この中庭、倉敷市の管理部分と芸文館の管理部分が
混在しているのだそうです。 JR倉敷駅の自由通路と似た感じかな。

逆に、NGだったのが、倉敷市役所の敷地内の緑地帯。
総務部の管理ですが、不審者が最近出ていて、対応をしている最中でもあり
地域住民に不安を与えるような活動に許可は出せない、ということで、
残念ながら利用はできなくなりました。

市役所の緑地を使いたかったのは、交番(市役所前交番がある)の
直近で簡単なグリーティングの様子を撮影したかったため。
それを活動を説明する補助資料として、公園緑地課に提出して、
子ども達へのグリーティング場所としての公園利用について
検討してもらおうと思ったのですが、まぁ、今の提出書類と口頭説明で
何とか理解してもらって、検討されるのを待つことにしましょう。

倉敷市の公園利用は、決定待ちですが、岡山市のこどもの森公園は、
地域交番(場合によっては管轄警察署)に相談することになりました。
岡山市役所の公園課で検討してもらっての流れになります。
この、こどもの森公園は、少し前に下見に行って、なかなかいい場所だと
思っていたのですが、公園事務所にお願いに行くときに、再度見て回ると
とても素敵な場所だと言うことを再認識しました。
許可が得られたら、ここはいいですね。
状況によっては、町内会に理解を求めに行く方がよさそうです。

連絡待ちのRSKHP・・・連絡がありませんねぇ。
連絡先のメモがどこかに行ったのかも知れませんね。
来週になっても連絡がなければ、再度問い合わせかな。
RSKBEには、新しい活動願い書をポストに投函してきました。
そのうち、連絡がある・・・ことでしょう。 OKかな?NGかな?

予想外に、簡単に了承される場合もあれば、
どんなにがんばっても聞く耳をもってもらえない場合もあります。
ちょっとしたタイミングの違いで結果が違ってくる場合もあるのでしょうね。

4月(?)の着ぐるみ撮影会(?)の可能性ですが、
商工会議所内のTMOに行ってみたところ、その時期の予定は
決まっていないものがほとんどのようです。
例年の様子から想像すると、特に問題になりそうなものはありません。
もう一歩、計画をカタチにして、本格的にお願いして回る段階に
入ってもよさそうです。 4/1かな、4/8かな〜。
年度替わりでバタバタするおそれはあるものの、
4/1の方が、準備としては動きやすそうですけどね・・・。
posted by あきたな at 03:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]