2007年02月27日

何がほしいのかな?

ユニークな検索キーワードがありました。

「きぐるみ きもい」

通常、着ぐるみ情報を発信している人は、自分のやっていることを
気持ち悪いとは思っていないわけですから、このキーワードでは、
着ぐるみサイトにはあまりヒットしないように思います。
(じゃぁ、なーぜ、きぐるみ日記が当たるの? 笑)
この人は、何を探したかったのでしょうね。
着ぐるみを悪く言う掲示板等の発言を見つけたかったのかな。

相手がいる事柄で、自分の心の中だけにとどめないで、
誰かに向けて「おまえは(あれは)きもい」なんて声に出して言うことは、
自分の品性を下げるだけだと思うのですけれど、
そういう意識が低ければ、やはり、出てしまうのでしょうかね。

男性の女装を想像することで気持ちが悪い・・・これなどは、
すごくよく分かる感覚です。 特別ではないと思うのです。
でも、残念ながら、「きもい」としか表現できないのであれば、
同レベルの人同士にしか、相手にしてもらえないのではないかな。
いや、本人がそれでいいのですから、別に構いませんけどね。

愛するべきおばちゃんたちを中心に、「かわいい〜」と
声をかけてくれる人が結構たくさんいますが、
美的なセンスの問題ではなく、プラス思考がすてきだと思います。
瞬間的に、相手をすてきな存在だと感じることができる感性は
生きていく上で、宝物ではないでしょうか。

相手をすてきだと評価できることで、自分の価値を下げていますか?
むしろ、逆ですよね。 人として、とても豊かな心だと思います。
「きもい」と相手を見下して、相対的に自分を高めようとしている人が
人間として、より高い存在であり得るでしょうか。
これも逆でしかないと思います。
自分をどんどん低い存在にしてしまう習慣は、断ち切る方が
いいと思うのですが・・・耳を貸してはもらえないかな。


「あれ、絶対、男だぜ」とか「きもい」と言わせてしまっているのは、
私の操演の未熟さなどが原因でもあるわけで、
それは、申し訳ないな、と思っています。

2007_0224AL_a.JPG
静止画として見るなら、この写真は手を隠すようトリミングした方が
いいですね。 骨格的にごつごつした男性が強く出ていて、
どう見ても、違和感がありますものね。
(私は、着付けもすっごく気になっていますけど・・・)
(造形としてのマスクは、あまり気にしていません)
(この辺りが、他の人と少し違うかもしれませんね)

でも、お散歩レポートを見れば分かるように、
私は、グリーティングを楽しんでいるので、
周りの人に楽しんでもらってナンボ、の世界です。
単独の写真ではごまかせる身丈のでかさですが、
グリーティング時には、ほとんど隠すことができません。(笑)
どちらかというと、男性の操演を理解した上で、逆に安心して、
わこやりこの人格を単純に楽しんでもらえたら幸いです。
実際、自分自身で、操演に失敗したと思う場面は多々ありますし、
まだまだ、お勉強が必要ですけどね。
posted by あきたな at 00:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]