2007年05月12日

旧遷喬尋常小学校の矢絣わこ

5/12(土)、行ってきました、旧遷喬尋常小学校。
先日できあがった矢絣のお披露目です。
ぼかしではなく、鮮やかな紫袴とあわせてみました。
また、一部、りこの編み上げブーツと合わせて、
大正ロマン風にもしてみました。

0512_045a.JPG0512_040a.JPG0512_015a.JPG
まぁまぁでしょうか・・・。

この紫袴は、紐下が104cmもあるので、かなり長く着付ける形になり、
ブーツとのあわせは今一つだったかもしれません。
草履なら落ち着いた雰囲気になります。
また、長い分、何度も踏んでしまいました。
りこと紺の袴も持ち込んでいたのですが、歯医者の予約の関係もあって
現地に着いたのが遅く、時間切れで着替えられませんでした。

矢絣は、申し分ありません。
あまり気づかないと思いますが、とにかく裄を長く作ってあるので
手を上げない限り、腕が出ないのです。
腕が長いので、どうしても腕が多めに出てしまい、気になって仕方が
なかったのですが、手首の辺りにいつも収まっている袖に大満足〜。
近くで見るとダメですが、袖の継ぎ足しもほとんど分からない出来です。

今日は、近所の小学校高学年とおぼしき女の子達が数名やってきて
わいわいとにぎやかに見学していきました。
一緒に写真を撮ったのですが、
「ホームページなどに載せるのは困る」と言った子がいたので、
みんなの目の前で、データを削除しました。
子ども達と一緒の「わこ先生」といった感じで、
すっごく素敵な写真だったのですが、仕方がありません。
ホームページに載せない約束もできますが、裏付けはありませんから、
子ども達のために、スパッと消し去りました。
その後、再度写真を撮ってほしい、と言ってきた子もいたのですが、
結果的に保存できていなくて、データは一切残っていません。
この子たちは、先に撮った「オルガンを弾くわこ先生と子ども達」という
感じの写真も一緒に目の前で消した様子を見て、わこを気の毒に
思ってくれたのかもしれません。やさしい気持ちが感じられました。
その優しさが危険を招くこともあるわけですが、
最後は、みんなから大切に守ってもらえる力にもなることでしょう。
また機会があれば、写真を撮り直してもいいのだし、
すてきな出会いを思い出としてアルバムに貼っておくことにしましょう。

先日の りこのときと同じような感じで写真を撮ってきたのですが、
一部、設定が頭の中でぼやけてしまい、昔の机と一緒に写真を撮るのを
忘れてしまいました。 りこは、自分が子どものような感じで
写真を撮りましたが、わこ先生のイメージで、立ち姿で写真を撮れば
良かったかもしれませんが、手遅れです。
次回があるかどうかは・・・少なくとも涼しくなってからでしょうか。
今日は、午後〜夕方はとても暑かったです。
今回も、意識が朦朧としており、冷却の工夫はさらに改善が必要です。
予想はしていたのですが、わこのブーツを袴装ではくのは大変です。
エスパスの楽屋を貸してもらえなかったので、すごく苦労しました。
さらに、足タイツも落ちてしまいました。
髪はいつものように乱れをなかなか直せません。
すべてを把握したサポートさんは・・・難しいでしょうね。
来週の美観地区のお散歩が終わったら、しばらくはメンテナンスに
専念して、きちんとお散歩できる状態に整備する方がいいでしょう。
(レポートもたまっているぞ〜)
一度に娘がいなくなると寂しいので、どちらか一方からかな。
posted by あきたな at 22:43| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ロケお疲れ様です

毎週のように?やっているあきたなさんの行動力には驚かされるばかりです。
データを消すとゆうのはいさぎよいですね、今は個人情報がうるさい時代ですから、子供であってもそういった懸念はあるんでしょう。
Posted by satuki at 2007年05月13日 10:22
こめんと、ありがとうございます。
削除はとても惜しいのですが、子ども達のためにはね。

やがて来るであろうスパム書き込みを、見るのもイヤなのでコメントを承認制にしていたのですが、設定した自分自身がよく分かっていなくて(笑)、承認が遅れて申し訳ありませんでした。

20日が楽しみですね〜。
Posted by あきたな at 2007年05月13日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。