2010年12月05日

わこの誕生寺

11/24、久米南町の誕生寺にやってきました。
ここは、浄土宗他力念仏門の開祖、法然上人様のご誕生地です。
http://www.d3.dion.ne.jp/~tanjoji/

2010_1124_125406AAa.jpg
誕生寺は、1193年に法力房蓮生(熊谷直実)が、師法然上人の命を奉じ
この地に来て、上人誕生の旧邸を寺院に改めたものだそうです。
この日は、熱心な参拝の方が時々こられるぐらいで、落ち着いた境内でした。
(先週の土曜日には、大型バスの団体さんも来られていました)

2010_1124_120202AAa.jpg
法然上人産湯の井戸です。
現在は飲用はできませんが、分けてもらって帰る方はいるようです。

2010_1124_122504AAa.jpg
仏殿と方丈です。(大きくなります)

2010_1124_122256AAa.jpg
仏殿を近くから。(大きくなります)

2010_1124_121638AAa.jpg
以前、奥まったところにあった大仏様の修復が完了して、
「旅立ちの法然さま」の像の近くに移設されていました。
さらに、勢至丸(法然上人)の旅立ちに際して
無事を祈るお母様の像「祈り」も設置されていました。
(写真は大きくなります)

2010_1124_122114AAa.jpg
境内には、大きな公孫樹(イチョウ)の木があります。

2010_1124_123032AAa.jpg
法然上人十五才の旅立ちの時、那岐の菩提寺から杖にされた銀杏を
地に挿された所、根が逆さに伸び、枝は本来、根っ子なのだとか。
岡山県指定の天然記念物です。

2010_1124_123458AAa.jpg
大イチョウと仏殿。(大きくなります)

2010_1124_122850AAa.jpg
誕生寺駅の近くで地元の方に聞いたので試してみると、
大イチョウを通して、上記の3体の像が一度に見える場所がありました。
結構、ピンポイントですが、アップにするといい感じです。

2010_1124_123318AAa.jpg
大イチョウの黄葉の盛りは11月中旬ぐらい、11月末には黄色の大絨毯が広がります。
この時は、まだ一面の絨毯というほどには落葉していませんでした。

2010_1124_115705AAa.jpg
境内には、楓もあり、きれいに紅葉していました。

2010_1124_115838AAa.jpg
勢至堂(法然上人のご両親の霊廟)前の紅葉。(大きくなります)

2010_1124_115947AAa.jpg
ちょうど日差しがきれいだったので。

2010_1124_121102AAa.jpg
仏殿を背景にした紅葉。

2010_1124_125040AAa.jpg
色鮮やかな公孫樹を背負った山門。(大きくなります)
この時期、多くの参拝者が訪れる誕生寺でした。

昨年から寺務所にお邪魔して了解をもらっていたのですが、やっと訪問できました。
美咲警察署、地元の誕生寺派出所に届けてあります。
posted by あきたな at 16:30| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
あきたなさん 今晩は

あれっ...

わこちゃんの衣装が変わりました...?

とても素敵です。

先日は遠方まで御苦労さまでした。
Posted by もみじくん at 2010年12月05日 18:45
2着ある振り袖の内の1着です。
お寺さんなので、矢絣ではなく振り袖を選びました。
更衣場所を確保できるかどうかなどの
条件にも寄りますが、雰囲気に一番合う衣装を
選ぶようにしています。
Posted by あきたな at 2010年12月05日 19:46
こんばんは。

大きなイチョウの木ですね。

じゅうたんも 見てみたいなぁ。
Posted by かんちゃん at 2010年12月05日 22:26
誕生寺のホームページの中に、公孫樹の様子を
紹介するページがありました。
その年の様子を確認して訪問するのもいいですね。
本当は、毎日お参りする人へのご褒美かもしれません。
Posted by あきたな at 2010年12月06日 01:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。