2012年10月11日

わこの高知城

10/7、現存12天守の一つ、高知市の高知城に行きました。

2012_1007_104124AAa.jpg
高知城には、15件の国指定重要文化財があります

2012_1007_102910AAa.jpg
追手門の前の道路で開催される朝市が有名ですね
でも、わこはとにかく天守(前の二ノ丸広場)を目指しま〜す


2012_1007_103236AAa.jpg
で、いきなり脇道にそれて、山内一豊(やまうちかつとよ)像です(^_^)
土佐藩の初代城主で、高知城を創建しました
「やまうちかずとよ」と読まれることが多いものの、歴史書等の研究では、
「やまうちかつとよ」と読まれていたと考えられているそうです
2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」の際は、親しまれている呼び名で、との
山内家の意向に沿って「かずとよ」とされたのだそうです
騎馬像としては、国内最大級の大きさらしいですよ


2012_1007_103324AAa.jpg
追手門と東北矢狭間塀、西南矢狭間塀を山内一豊像前から見たところです
いずれも、重要文化財です


2012_1007_103822AAa.jpg
お城の正面にあたるのがこの追手門ですね

2012_1007_115712AAa.jpg
追手門を内側からみたところです

2012_1007_104902AAa.jpg 2012_1007_105030AAa.jpg
追手門を入ったところで、土佐の偉人の一人、板垣退助の像を発見
「板垣死すとも自由は死せず」・・・が有名ですが、このときは、
負傷したものの死んではいないんですってね、知らなかった〜


2012_1007_105608AAa.jpg
杉の段にある、山内一豊の妻(と馬)の像です

2012_1007_105316AAa.jpg
土佐は雨が多いため、石樋(いしどい)が整備されていました
激しい雨水が直接石垣に当たらないように、つきだしてあったのだとか


2012_1007_111754AAa.jpg
石樋の構造を三ノ丸広場で見ることができます

2012_1007_111950AAa.jpg
こちらは、山内家以前の長宗我部期の石垣です

2012_1007_112118AAa.jpg
三ノ丸広場から石垣を見下ろしたところ

2012_1007_110122AAa.jpg
順番が逆ですが、三ノ丸広場から見下ろした石垣を下から見上げます

2012_1007_110524AAa.jpg
この辺りは、天守に徐々に近づいてくるわけです

2012_1007_110704AAa.jpg
天守東南矢狭間塀(だと思います、手前の塀ね:重要文化財)

2012_1007_111246AAa.jpg
重要文化財の一つ、詰門です
(高知城のHPの説明と違うのですが、看板には詰門と見えるので)


2012_1007_111628AAa.jpg
三ノ丸広場から天守を臨みます

2012_1007_112832AAa.jpg
二ノ丸広場に到着〜、後ろの建物は懐徳館(本丸御殿)で、重要文化財

2012_1007_113138AAa.jpg
えーっと、本丸・・・かな?重文の写真と位置がはっきりしていなくて
よく分かりません(懐徳館から中には入っていないので資料がないのです〜)


2012_1007_113518AAa.jpg
懐徳館入り口の東側から天守を見たところです
天守の最上階から多くの人が、わこを見ているようです(^_^)
他の写真でも同じで、手を振り返してくれる人もいたりするのですが
掲載許可をもらえないので、残念ながら、いつものようにぼかしています
観光客さんが思いの外多かったので、今回は、天守には上がりませんでした
管理事務所に出向いて、ご挨拶をしたところで降りてきました


2012_1007_114548AAa.jpg
二ノ丸を少し降りたところからみた天守です
逆光になりやすい位置関係なので、天気が良すぎると辛いですね


事前に、天守を含めて高知城の訪問の了解はもらっています。
真冬などに来れば、少しはお客さんが少ないのかな、天守にも上がってみたいな〜。
(草履の履き替え作戦で懐徳館から中に入ることができるんじゃないかな)
当日、高知警察署に寄って、高知城周辺を歩く報告をしてあります。
posted by あきたな at 22:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。