2012年12月04日

わこの奈半利の町並み

12/1、高知県奈半利町の町並みをお散歩しました。
今回は室戸周辺のお遍路随行で、前回には回れなかったところを探していて
奈半利町に古い町並みがあることを知ったのでやってきました。

2012_1201_155720AAa.jpg
登録有形文化財などもあちこちにあるので、簡単に下見をしてから
回ったこともあって時間が少なくなって、やや駆け足でのお散歩です〜


2012_1201_150254AAa.jpg
江戸時代の旅篭(はたご)、西尾家住宅です
登録有形文化財の絵が説明文にありました・・・が、見所は内部か
せめて裏側から見ないといけなかったのかも?
他の多くの住居も同じなのですが、実際に暮らしていらっしゃる方がいて
庭であっても内部の見学をするには、個々に了解をとらないと無理で、
外観だけの見学では、見所が見られないことも多いようなのが残念です


2012_1201_151020AAa.jpg
また、登録有形文化財等の指定がなくても、あるいは、案内板等がなくても
いい感じの家並みがあちこちにたくさん見られました


2012_1201_150744AAa.jpg
こちらは、うだつのある家、浜田家住宅(増田屋)です

2012_1201_151214AAa.jpg
駐車場にもなっている横側から見るとこんな感じです
ところで、ここで私は案内地図の読み方を大きく勘違いをしていたようで、
レンガ蔵を目の前で見落としたみたいです(T_T)


2012_1201_151826AAa.jpg
少し移動して、藤村製絲株式会社前にやってきました
りっぱな繭蔵でしょ、6段の水切り瓦は奈半利で最大のものだそうです


2012_1201_152126AAa.jpg
東蔵、西蔵、石塀、倉庫は、登録有形文化財に指定されており、
工場としても、近代化産業遺産としても認定されているそうです


2012_1201_152330AAa.jpg
広い工場を取り巻く石塀は、丸い石を赤土で積み上げたものです

2012_1201_152222AAa.jpg
また、丸石だけでなく、石を半割にして小口を見せたものもあり、
どちらも、奈半利の特徴的な石塀です


2012_1201_155258AAa.jpg 2012_1201_152658AAa.jpg
変わったところでは、奈半利の二重(ふたえ)柿というものがあります
推定100年ほどの古木で、高知県の天然記念物に指定されています
渋柿で内皮と外皮の二重になっていて、渋が抜けないので食べられません
内の薄い果皮を外の堅い皮が包み込んでいる状態を置き換えて
「 弱い子を 包む強い子 二重柿 」という川柳を奈半利中の先生が作って
いたわりの心、思いやりの心を育てようとされたそうです


2012_1201_153236AAa.jpg
こちらは、土佐の交通王野村茂久馬の旧宅、森家住宅です
蔵や母屋、石塀が登録有形文化財です


2012_1201_153004AAa.jpg
東側の石塀には、レンゲのアーチ門があります

2012_1201_154104AAa.jpg
こちらは、倉床(くらとこ)の家、野村家住宅です
母屋、東・南の石塀が登録有形文化財です


2012_1201_154624AAa.jpg
南側の石塀はこんな感じです

2012_1201_154950AAa.jpg
改田家住宅は、独特の意匠の石塀が見られます

2012_1201_122204AAa.jpg
残念ながら、わこと一緒には撮れなかった下見の時の写真も載せますかね
濱田家住宅です、以後は、わこ的な都合で寄れませんでした(T_T)

2012_1201_122251AAa.jpg

2012_1201_122047AAa.jpg
大きな倉が印象的ですね

2012_1201_122959AAa.jpg
こちらは、齊籐家住宅で、奈半利農業協同組合としても使われたそうです

2012_1201_121730AAa.jpg
パンフレットには載せられていない普通のお宅でも、
普段の自分の周りで見慣れない、変わった建物もありますよね


2012_1201_124142AAa.jpg
そんな風景に出会えるのも、旅行の楽しみでしょうね

2012_1201_124908AAa.jpg
大きい〜!

2012_1201_125438AAa.jpg
二重柿の標識の後ろのお宅です

2012_1201_125910AAa.jpg
もう、あちこちに、珍しい風景があって、奈半利の町はどこもすてき〜

2012_1201_130138AAa.jpg
これは、高札場です

2012_1201_132346AAa.jpg
何も参考にせずに歩くのでは、見落としも多いでしょうが、
最短ルートで回ろうなどと思わずに、ゆとりをもってお散歩すると
すてきな風景に出会えますよ〜なお、高田屋(竹崎家住宅)は、
内部も詳しく見せてもらったので別記事にしますね


事前に、奈半利町役場に連絡をして、お散歩についてお願いしてあります。
特に問題はなかったと思いますが、何かあれば、問い合わせてください。
もちろん、管轄の安芸警察署奈半利駐在所に事前・事後に報告してあります。

2012_1202_132920AAa.jpg
魚梁瀬ダムなどに行くことも当初考えていたのですが、
土砂崩れの工事をしていて時間帯通行止めがあるとか、
お巡りさんにいろいろと教えていただき、結果的に助かりましたよ〜
posted by あきたな at 21:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。