2012年12月12日

わこの分離太陽

12.12/12、玉島で分離太陽を見ました。

2012_1212_163922AAa.jpg
13分ほど前の様子です、ここからいつもの島の間に落ちていきます

2012_1212_165212AAa.jpg
何と呼ぶのか分かりませんが、島の下に太陽が見えています
ここは、雲ではありません、水平線上で屈折した太陽が島の下側に
見えていることになるのです
島があってもなくても水平線際の光は見えていて、ダルマ状です
ただ、島と雲が邪魔で、ダルマの形に見えない〜(^_^)


2012_1212_165224AAa.jpg
日が沈むに連れて、分離太陽が島の右側方向に伸びてきました

2012_1212_165238AAa.jpg
島の存在を無視して(笑)、一体化しました〜

2012_1212_165456AAa.jpg
もうすぐ、日の入りを迎えます、少し変わった形ではありましたが
ダルマ夕日を見ることができました〜


2012_1212_165848AAa.jpg
ところで、今日は、懐中電灯を4灯使って、明かりをとっていました
その割には、かえって暗かった感じだね、光っていないんじゃないの?

2012_1212_170026AAa.jpg
意地悪を言うおとうさんには、えいっ
うぉっ、まぶしい〜
わこが暗かったのは、露出設定を失敗したおとうさんのせいですからね〜

そろそろ冬至前でのダルマ夕日の限界に近づいてきた感じです。
島にかかっても、条件が良ければ、片側の袴が見えたりするので
思い切って、T字路付近から挑戦した方がいいかもしれません。
posted by あきたな at 21:24| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
あきたなさま、メッセージありがとうございます。手塚治虫先生の「火の鳥」のように、不老不死というわけにはいきませんね、たぶん誰も(笑)。
そういえば・・・最近やっと美味しい珈琲を入れることが出来るようになりました。ぜひ、あきたなさんにも飲んでいただきたいです。
Posted by いいだひろゆき at 2012年12月13日 10:39
いやいや、どーもどーも。(^_^)
私は、ちょー薄いコーヒー専門ですので
おいしさは分からないと思いますが、
話をしながらいただきたいものです。

いままでまったく続かなかった日記書きを
毎日(多少インチキあり:笑)続け、
細々と続けられる趣味があるのはありがたいことです。
Posted by あきたな at 2012年12月13日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。