2013年01月14日

わこの蛭子神社

1/12、徳島市南沖洲(おきのす)の蛭子(えびす)神社に参拝してきました。

2013_0112_144734AAa.jpg
2003年に、北沖洲から現在の南沖洲に移転したそうです

2013_0112_144223AAa.jpg
境内はあまり広くありません、駐車スペースは無理して2台?

2013_0112_144915AAa.jpg
御祭神は、事代主命です

2013_0112_145238AAa.jpg
本殿を反対側から

2013_0112_145104AAa.jpg 2013_0112_145008AAa.jpg
拝殿に向かって左側の「吽」さんと右側の「阿」さん

2013_0112_144553AAa.jpg
こちらに伺ったのは、この百度石を見たかったからです
安政南海地震(1854)の様子が刻まれているそうです(1861年建立)
石には、人々はうろたえ竹やぶのなかへ逃げ込んだ、津波が来るという声に
舟で逃げようとしたが転覆して命を失うものもいた、こたつやかまどから出火して
家や蔵が焼けた・・・というようなことが、書かれていたそうですが、
石がはがれ落ちていて、現在は後面しか読めません(素人には見えるだけですが)
100年に一度ぐらい大地震が来るということを後世に伝えるために
普段から人々の目に付く百度石に刻むという考えもすてきですね


2013_0112_144358AAa.jpg
ところが、現在では見えている後面もごっそり浮き上がっていて、
そのままでも、いつ落ちて崩壊するか心配です
(隙間に小石をくさびのようにわざとはさんでいる人がいるのが許せません
 調査資料は整っているのかも知れませんが、補修した方がいいのでは・・・)


事前・事後に、管轄の徳島東警察署福島交番に報告してあります。
夕方、その他のお散歩も含めて、徳島東警察署にも報告してあります。
posted by あきたな at 18:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。