2013年01月22日

わこのJR那岐駅

11/27、JR因美線の那岐駅にやってきました。

2012_1127_142306AAa.jpg
県境の黒尾峠を越えて鳥取県に入ってきました、那岐駅です
なんと、駅舎内に那岐診療所が開設されています
なんと、なんと、毎月第2・4火曜の14〜16時が診療日・時間なのですが、
見事にそのまっただ中の訪問になって、驚かせちゃいました〜(^_^)


2012_1127_142110AAa.jpg
開業は、1932年(昭和7)になります

2012_1127_141032AAa.jpg
鳥取県ですが、那岐駅までが岡山支社管内で、今回のスタンプ駅です

2012_1127_141116AAa.jpg 2012_1127_141308AAa.jpg
木の改札がすてきですね、ホームは斜面上にあるので
駅舎からホームまで階段で上がっていくようになります


2012_1127_141930AAa.jpg
階段は、壁と屋根に囲まれていて、ホームの待避所まで一体になっています
駅舎と斜面上のホームとの一体型の構造は珍しいですよね


2012_1127_141432AAa.jpg
階段を上がると津山方面行きのホームになります

2012_1127_141624AAa.jpg
ホームは2面2線式で、交換施設があります

2012_1127_141730AAa.jpg
駅舎側ホームから智頭方面を見たところです、智頭方面行きのホームへは
こちら側にある構内踏切を渡ります


2012_1127_141840AAa.jpg
智頭方面行きのホームは、少しずれています(歩く距離が増えますね:笑)
駅構内を大きくカーブを描いて線路が通っています


2012_1127_140818AAa.jpg
中国山地を貫く長いトンネルを出て、北側に回り込むあたりの駅なので
お天気も不安定になりやすく、この日も小雨がパラついていました


智頭警察署那岐駐在所はご不在でした。暗くなってからになりましたが、
津山警察署久米交番に報告はしてあります。(全然、管轄違いですけど〜)
posted by あきたな at 22:24| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
次は再び智頭駅や板井原集落や、木造の元校舎への
お散歩もありですね。
またどうだんの時期にお会いできるといいですね。
Posted by 社 稲葉 at 2013年01月22日 23:16
雪になれていない、県南人なので怖いのですが
雪景色でのロケは撮りたいですね。
どこかでかまくらを作って〜とかの
イベントがあるらしいですが、さすがに、怖い。
スキーバスで現地に行くことも考えたりはするのですが
うーん、難しいでしょうねぇ。

雪の心配がなくなって、暑くなる前に、
あちこち行けるといいですね。
(わこは、暑さに弱くて、真冬上等!です:笑)
Posted by あきたな at 2013年01月22日 23:55
県北の冬は、ちょっと雪が積もったら列車が運休になる状態です。
それでも岡山から山陰方面のスキーバスや高速バスならわずかな積雪で列車が
止まっても走るみたいですし、運転をしなくてすむぶん楽かもしれませんが、
最寄バス停からイベント会場までの足がネックになることが多いですよね・・・
バスに乗って見に行くなら2月第1土曜の智頭の雪祭りなんかはいいと思いますよ。
岡山から鳥取行きのバスで智頭で降りれば会場(石谷邸周辺)は歩きでも行けますから、お勧めです。
Posted by 社 稲葉 at 2013年01月23日 12:11
やっぱり、慣れていない人間が
雪の中に行こうなど、無謀ですよね〜。
何度か雪の中に出たことはありますが、
いずれも複数の幸運が重なった中で
たまたま遊べた、というだけですからねぇ。
Posted by あきたな at 2013年01月23日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。