2013年02月05日

わこのひるぜん雪恋まつり

2/3、真庭市蒜山高原で開催された「ひるぜん雪恋まつり」に行きました。

2013_0203_144921AAa.jpg
ひるぜん雪恋まつりは、今年が第1回目になります
今回は、鏡野町の氷紋まつりや日生の放水合戦などと日程が重なったりと
始まる前から問題もあったようですね


2013_0203_143934AAa.jpg
開催場所のすぐ近くには駐車場はありませんが、無料のシャトルバスは
かなりの台数分が確保された駐車場から15分おきぐらいに出ます
帰りがけに服がびしょ濡れになると大変かも知れません


2013_0203_143742AAa.jpg
シャトルバスの乗降場所からすぐが会場になります
駐車場が離れていることで、会場周辺の安全が確保され、バスを利用することで
むしろ車から会場までの歩く距離は短いなど、うまく機能していたと思います
(誘導スタッフさんは視線を送ってくれているので消していません:笑)


2013_0203_144235AAa.jpg
こちらは、かまくらボーイズのみなさん(本当は4人のようです)
今回、秋田県横手市の「かまくら職人」の指導を受けて、呼び物でもある
かまくら作りを担ってくれました
ずっと、傷んだところを修復したり、万が一のときにもすぐに対応できるように
常に近くで待機していたりしてくれているので、安心できますね
手招きをしてお願いすると、一緒にポーズをとってくれました(^_^)


2013_0203_144429AAa.jpg
移動手段などに不安がありながらも、まつりを訪問したのは
これらの、かまくらと一緒に写真を撮りたかったからです
かまくら、スイトン、蒜山と、期待していた絵が撮れました〜


2013_0203_150320AAa.jpg
いつの日にか東北などの雪国の訪問も願っていますが、
雪のシーズンに行けるかどうかは分かりませんし、主に移動手段の問題から
かまくらと一緒に写真を撮るチャンスはそれほど多くありませんから
今回のようなイベントはとてもうれしいです


2013_0203_154608AAa.jpg
前日、高速道路や地道の雪の様子を調べると何とかなりそうだったので、
凍結を警戒して昼近くになってからでしたが、無事、来ることができました


2013_0203_152040AAa.jpg
子ども達は、バケツを使ってミニかまくらをいっぱい作っています
このミニかまくらは、夕方にはキャンドル点灯されたようですが、
さすがに危険度が増すので、わこは暗くなる前に失礼しました
ちょーっと、残念だった気もしているのですけどね(^_^)


2013_0203_160231AAa.jpg
スノーボートで遊ぶ子ども達も大勢いたのですが、
誰もいなくなったときがあったので、わこも挑戦してきました〜
でも、片座りで乗るのでバランスがとりづらく、転んでばかりでした
何度かすべると、身体をひねっていてもバランスがとれるようになりましたが
それはそれで面白くないですよね〜(360度スッ転ぶ方が楽しいんです〜:笑)
濡れてもバスに乗れるように、バスタオルやビニール袋は持参していましたが
びしょ濡れになる前に、やめました


2013_0203_152626AAa.jpg
県南に住むわこは見る機会がありませんが、除雪(排雪?)車ですね

2013_0203_153444AAa.jpg
会場的に、まつりに含まれていない感じでしたが、
蒜山を背景に、白樺林で写真を撮らなきゃね


2013_0203_160943AAa.jpg
山のお天気はすぐに変化するので、晴れたり曇ったりでしたが
時々、蒜山三座がくっきりと見えたりもしていました
今回、お天気的にも道路状況的にも、すごくラッキーだったと思います


2013_0203_122448AAa.jpg
ちなみに、大山の雪景色はこんな感じでした

事前に、ひるぜん雪恋まつりの実行委員会に了解をもらって訪問しています。
当日、川上駐在所に行きましたが、ご不在でしたので、内線で
真庭警察署に報告しています。
posted by あきたな at 23:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。