2013年03月10日

わこの雛めぐり玉島

2013.3/7、倉敷市玉島の玉島市民交流センターにやってきました。

2013_0307_153204AAa.jpg
豊島屋の社長さんに、すてきだからぜひ行け、と勧められて来ました

2013_0307_145456AAa.jpg
入り口を入ったら、さっそくロビーのお雛様が迎えてくれます

2013_0307_145548AAa.jpg
美術展示室に、様々な雛飾りが展示されていました

2013_0307_145712AAa.jpg
雛壇にしないで並べたものとか

2013_0307_145822AAa.jpg
箱庭風にお盆に乗せた小物とか

2013_0307_150024AAa.jpg
立派な御殿雛とか

2013_0307_150210AAa.jpg
お人形や道具飾りを集めたものとか

2013_0307_150324AAa.jpg
美術展示室らしく、テーマに沿った形のまとまりがあるようですね

2013_0307_150500AAa.jpg
ロビーから吊し雛を通して奥の展示を眺められたり〜

2013_0307_150612AAa.jpg
階段下のスペースには船の模型とともに

2013_0307_150700AAa.jpg
こちらは、常設の歴史民族海洋資料展示室です

2013_0307_151024AAa.jpg
いろいろな道具がありました

2013_0307_151602AAa.jpg
飲食スペースWAON(和音)の入り口にも面白いお雛様がありました

2013_0307_152114AAa.jpg
玉島にゆかりのある二人の画家の業績を顕彰する
池田遥邨・坂田一男顕彰記念室も常設です


2013_0307_152228AAa.jpg
美術館とは異なるかも知れませんが、二人の業績が分かるような
説明と資料展示があります


2013_0307_152344AAa.jpg
画風や歩みは異なる二人ですが、共通した展示形態でまとめられています

2013_0307_151832AAa.jpg
スタッフさんに2階に「わこ」の写真があるよ〜と教えられました
あらまぁ、昨年、豊島屋さんを訪問したときの写真ですよ〜(^_^)


初めて来たのですが、郷土に関する常設展示室があるのがいいですね。
豊島屋さんから直に来たため、事前にスタッフさん達に連絡ができず、
受付窓口で挨拶をしましたが驚かせてしまいました。ゴメンナサイ。
帰りに、玉島警察署に報告しておきました。
posted by あきたな at 23:13| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
先日(3/7)は、ご訪問いただき誠に有り難うございました。じっくりと「きぐるみ日記」を拝見しました。

玉島市民交流センターでは、一応、不審者扱いだったとか、世話役の横溝さん(実際は、玉島テレビ社員)から聞きました。

その横溝さんが、交流センターの雰囲気を盛り上げるため、昨年の豊島屋さんの写真を飾りに使いたいというので、わこちゃんのも渡しておいたら、2Fに使われていました。気がついて
いただき嬉しく思います。

昨日、お借りしたいわき市のちりめん細工教室「ままや」さんに、寄せ書き色紙・写真等のアルバム・義援金・寸志・調味料などと一緒につるし雛飾りをお返ししました。

本年は、2/25に我が輩の父が他界したこともあり、声を大きく義援金をお願いしていませんでしたので、1/5程度だったのが残念です。

山陽新聞に、タイミング良く「つるし雛飾り」の写真が掲載された為、玉島以外からの訪問者も数多く見られ、出費・手間は大変ですけど、皆さんに喜ばれて、我が輩も自分自身を褒めたくなるアッパレな企画だったと思います。ずっと続けたいのですが、はたして来年は・・・?

玉島市民交流センターでわこちゃんにも見ていただいた「坂田一男」画伯は、我が家と遠縁にあたります。その昔、貧乏画家の坂田一男さんは、食事をたまに我が家でしたそうなんですが、その時、父の妹と、坂田一男氏のいとことご縁ができたんです。ある人に、「我が輩は坂田一男さんと親戚じゃ」と言ったら、「あんたも絵がうまいんか−?」と言われました。まったく血はつながっていません。

長々とゴメンナサイ。では又・・・・・

Posted by 大野 at 2013年03月13日 09:50
> 玉島市民交流センターでは、一応、不審者扱いだったとか

はい、事前に連絡ができなかったので、
超〜不審者でした。
帰りがけに、しっかり叱られたんですよ。f(^_^;)

> わこちゃんのも渡しておいたら、2Fに使われていました

写真があることを教えていただけなかったら、上がっていません。
とてもうれしかったです。

> 我が輩も自分自身を褒めたくなるアッパレな企画だったと思います。ずっと続けたいのですが、はたして来年は・・・?

目に見える形、見えない形で、様々なご苦労がおありだと思います。
大変でしょうが、できる範囲でがんばってくださいね。

同じ倉敷雛めぐりでも、玉島の見学者はあまり多くないかもしれませんね。
私個人としては、駐車場案内が少ないことや、
どんな風景がどの辺りにあるのかが分からないことで
消極的な人たちを呼び寄せられていないのではないかと思います。
必ずしも、人が多く来ることがよいとは思いませんので、
地元の人たちの気持ちや生活を大切にして
対応されたらいいと、(どの場面でも)考えています。
一度、訪問してみてステキだったので、私は、私のペースで
機会を捉えて歩いてみたいと思っています。(^_^)
(水門がなくなったのは残念)

> 「坂田一男」画伯は、我が家と遠縁にあたります

わぉ、人のつながりって、ステキですねぇ。
残念ながら、坂田さんの絵を意識して見たことがありませんが
(私にとっては同県レベルですが)ゆかりがある人って興味がわきますよね〜。
常設展示室を設けているのは、すてきだと思いました。

玉島の町並みは、もう少しゆっくりと歩いてみたいので、
また、寄せていただきますね。
ありがとうございました。
Posted by わこ at 2013年03月13日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。