2013年06月25日

わこの倉敷安養寺

2013.6/24、倉敷安養寺に参拝してきました。
http://www.geocities.jp/fukuyamao/anyouzi.html

2013_0624_123638AAa.jpg
倉敷インターの北西の山間にある、奈良時代に創建されたお寺です

2013_0624_120922AAa.jpg
浜ノ茶屋北交差点の脇道から総社に抜ける県道489号線沿いにあり、
天王池横を通るときに正面に見える大きな毘沙門天像と梵鐘が目に付きます


2013_0624_121612AAa.jpg
巨大梵鐘は、重量が11.2トンもあるそうで、中四国1番の大きさとか

2013_0624_121956AAa.jpg
巨大梵鐘のある広場には、七福神の像があります
こちらが、恵比寿天と大黒天


2013_0624_122216AAa.jpg
こちらが、弁財天と布袋尊

2013_0624_122814AAa.jpg
こちらが、福禄寿と寿老人

2013_0624_121110AAa.jpg
そして、楼門の上の毘沙門天は、11トンの巨大なブロンズ像です

2013_0624_122330AAa.jpg
弁財天の横には、悪縁切り不動さまがいらっしゃいます

2013_0624_125844AAa.jpg
七福神・梵鐘の広場からさらに上がると、大きくそびえる多宝塔(高さ約26m)

2013_0624_123434AAa.jpg
多宝塔の向かいにあるのが、成願堂で、内部は撮影禁止ですが、
国指定重要文化財の兜跋毘沙門天、吉祥天や、一木彫り等身大の毘沙門天像など
数多くの文化財がいらっしゃいます(対話させていただけます)


2013_0624_123830AAa.jpg
山門です

2013_0624_124906AAa.jpg
山門の前には、弘法大師さま像があります

2013_0624_124004AAa.jpg
山門をくぐると、毘沙門堂で、ご本尊の毘沙門天像がおいでです

2013_0624_125346AAa.jpg
多宝塔、成願堂の間の道の脇のアジサイがきれい〜後ろは茶室です

2013_0624_122552AAa.jpg
この時期、境内や駐車場のあちこちにアジサイが咲き誇ります
後ろは、毘沙門堂に隣接した、建設中の御大師堂です


2013_0624_125552AAa.jpg
茶室横の小道脇には、厄落とし三十三観音像

2013_0502_104400AAa.jpg
小道を上がると、多宝塔の裏手に、倉敷市指定史跡の廃浅原寺層塔跡

2013_0502_101238AAa.jpg
もっと上がると、大きな数珠のある羅教堂(らきょうどう)

2013_0502_101136AAa.jpg
羅教堂には、たくさんの石像もあります

2013_0502_101406AAa.jpg
さらに山道を上がると、岡山県指定史跡の安養寺裏山経塚群跡があります
発見された経瓦の中には、1086年に相当する年号が記されていたそうです
また、3基見つかった内の第一経塚から出土した一括遺物は国指定の重文です


2013_0624_130936AAa.jpg
山を下りてきました、天王池に浮かぶ浮見堂です
池には、結構、水鳥が遊んでいたりします


2013_0624_131246AAa.jpg
アジサイ寺として知られている倉敷安養寺ですが、お寺自体もステキなので
時には、参拝してみてくださいね、モミジの頃もすてきそうですよ〜


事前に訪問のお願いをして、了解を得て参拝しています。
受付係(笑)のわんちゃんとも遊びましたよ〜。
101段の階段はきついかもしれませんが、お年寄りや体の不自由な方は、
お寺に相談されるといいかも〜この日も、特養のお年寄りが来られていました。

追加:
2013_0624_Aa.jpg
受付ワンコ(^_^)のジロー君の写真をもらいました〜
posted by あきたな at 23:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。