2013年07月19日

わこの湯原ダム

2013.7/17、真庭市湯原の湯原ダムを見てきました。

2013_0717_153622AAa.jpg
昨年の9月にも訪問していますが、このときは、堰堤の上だけでした
http://kigurumi.sblo.jp/article/58152048.html
一昨日、大雨への対応のための放流で河川敷の露天風呂が使えなくなったので
この機会にダムの下側から見上げたくて飛んできました
到着の1時間ぐらい前までは、緊急放流をしていたようで、
到着時には、ゲートからの放水路がまだ濡れていましたよ


2013_0717_144744AAa.jpg
まずは、堰堤の上にやってきました

2013_0717_145107AAa.jpg
湯原湖の水位はきちんとコントロールできているようですね
降った雨はこれからしばらく流れ込んでくるので警戒は必要なのでしょう


2013_0717_150106AAa.jpg
長さ194mあまり、高さ73.5mの重力式コンクリートダムで、迫力がありますね

2013_0717_145224AAa.jpg
堰堤から露天風呂の様子をみたところです
2年前の緊急放流で流された経験から、脱衣所をクレーンで道ばたに退避できるようにしたようです
クレーン作業も終わり、露天風呂横の道を通れるようなので下に行きますね


2013_0717_151612AAa.jpg
河川敷の無料駐車場から砂湯を見たところです
露天風呂の底に流れ込んだ土砂を撤去して、きれいに清掃をしているところです
この駐車場も水没していて、後かたづけのために閉鎖されていましたが
支所で相談をしたら、点検の上で急いで駐車場を使えるようにしてくれました
最悪の予想よりもずいぶん早く対応も終わり、少しでも早く通常の温泉業務を
再開したいのは関係者一同の思いのようでした


2013_0717_151846AAa.jpg
橋の上からは、湯原ダムが少し見えていますね

2013_0717_152006AAa.jpg
橋のところからは、緊急車両以外は進入できません

2013_0717_152124AAa.jpg
河川敷の駐車場とかから、遊歩道を少し歩いて砂湯に向かうようになります

2013_0717_152550AAa.jpg
遊歩道を歩いて行くに連れてダムの全景が徐々に見えてくるようになります

2013_0717_153116AAa.jpg
露天風呂の横を通り過ぎて、湯原ダムの下までやってきました〜
わこがカメラを持って露天風呂の横を通るなんてできませんから(笑)
こんな機会でないと近づけなかったのですよ


2013_0717_153926AAa.jpg
河川敷に降りて、水面近くから撮ればよかったとちょっぴり悔やんでいますが
ダムの下側近くから撮れたので、十分満足です


緊急放水時、水没した砂湯や濁った源泉の回復には数日かかるかもしれないと
報道されていたけれど、放流が止まってから1日でほぼ全面復旧できたね

最悪の状況を防ぐための洪水対策も、経験を生かした万全の対応で臨み、
温泉も事前の準備が功を奏して最小限の閉鎖ですんでよかったですね

後で少し下流の社口ダムを見学したときは濁流がすごかったものね
普段からの洪水対策と緊急対応って大切なんだ〜と納得したよね


湯原ダムの点検に回ってきていた関係者さん、真庭警察署湯原派出所、
観光案内所、真庭市役所湯原支所、露天風呂清掃作業を指揮されている方などに、
事前にダムの見学のお願い・報告をしてあります。
その際、片づけ作業の妨げにならないよう、露天風呂の近くには行かない旨、
打ち合わせをしてあります。
posted by あきたな at 18:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。