2013年07月21日

わこのはんざきセンター

2013.7/17、真庭市の湯原温泉にある、オオサンショウウオ保護センターです。

2013_0717_163238AAa.jpg
湯原地区では、オオサンショウウオのことを「はんざき」とも呼ばれます

2013_0717_162756AAa.jpg
オオサンショウウオは、大昔から姿を変えない「生きた化石」で、
国の天然記念物に指定されています


2013_0717_160906AAa.jpg
ここでは何匹も飼育されていて、生きた状態でその生態を見ることができます

2013_0717_161210AAa.jpg
長生きしたオオサンショウウオは、その大きさに驚かされます
人によっては、気持ち悪い姿に見えるかもしれませんが、結構かわいいですよ
他にも大きな剥製があるのですが、撮り忘れていました


2013_0717_161356AAa.jpg
水槽は、かなり水温を下げているみたいで、活発には動きませんが
確かに生きているオオサンショウウオを目の前で見ることができます


2013_0717_161256AAa.jpg
センターにはいくつも水槽があり、大小何匹ものはんざきちゃんがいます

2013_0717_161806AAa.jpg
大きな円筒形の水槽では、周りからながめることができます

2013_0717_162312AAa.jpg
センターの裏手には、はんざき大明神があります

2013_0717_162626AAa.jpg
昔、この近くには龍頭の淵があって、三丈六尺もの大はんざきがおり
付近を通る牛馬や人を食べてしまうので、退治したところ、祟りがあったので
祠を建ててはんざきの霊を祀ったのが、はんざき(鯢)大明神だそうです
このはんざき大明神は、真庭市指定の文化財(歴史資料)になっています


2013_0717_162426AAa.jpg
センター・鯢大明神は、真庭市役所湯原支局に隣接していますが
この支局は、昭和43年に廃校になった、旧湯原町立湯本小学校です
昭和初期頃の開設にしては、状態がかなり良い旧校舎ですね
ゴメンナサイ、暑さのために見学はしていません〜


2013_0717_160338AAa.jpg
また、センターの近くには、大きなはんざきが乗った山車があります

2013_0717_160702AAa.jpg
伝説の大はんざきは、こんな大きさだったのかもしれませんね
これらの山車が練り歩くところも見てみたいですが、8月8日なので暑いです〜


2013_0717_161522AAa.jpg
ところで、今年は美作国建国1300年ですが、こちらにもNARUTO〜ナルトの
実物大(?)の人型パネルがありましたよ


湯原ダムの見学のために真庭市役所湯原支局に問い合わせ・お願いに来た際、
オオサンショウウオ保護センターが目に留まり、こちらについても
見学の了解をいただきました。
湯原ダム周辺の見学について、真庭警察署湯原駐在所に報告してあります。
posted by あきたな at 21:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。