2014年03月01日

わこの岡崎嘉平太記念館

2014.2.26、吉備中央町の岡崎嘉平太(おかざきかへいた)記念館に行きました。

2014_0226_141104AAa.jpg
記念館は、きびプラザの中にあります

2014_0226_141426AAa.jpg
岡崎嘉平太さん(1897-1989)です、今の吉備中央町に生まれました

2014_0226_141554AAa.jpg
書斎の様子が再現されています、机上のお母さんのブロンズ像や
周恩来首相の写真があるのが目を引きます


2014_0226_142240AAa.jpg
生前、愛用していた品々も展示されています

2014_0226_141652AAa.jpg
東京帝国大学法学部卒業後は日本銀行に入り、日中戦争中に依願退職します
上海に華興商業銀行を設立、中華民国維新政府統治下の上海へ赴任するなど
戦中・戦後、様々な日中間の交流に力を注ぎました


2014_0226_142544AAa.jpg
戦後、いくつかの会社の再建に尽力した後、全日空の社長に就任

2014_0226_142002AAa.jpg
周恩来首相とも強い信頼関係を結び、日中国交回復に大いに貢献されました

2014_0226_142434AAa.jpg
中国各地を訪問して、交流も深めています

2014_0226_141856AAa.jpg
日中交流などの功績から勲一等瑞宝章を受章しています

2014_0226_142636AAa.jpg
記念館室内では、ビデオ資料の放映もされていますよ

岡崎嘉平太や周恩来首相の言動・行動からは、
様々なトラブルを抱えながらも、関係修復を目指した努力が見えるよね
このところの、嫌がらせや問題のすり替えのような中国共産党のやり方も
後年の研究では、一時のすれ違いに見えるのかもしれないけれど、
今を生きる我々にとっては、文字通り死活問題だよね
政府の発言や行動に対して、相手国が反発して緊張が走るのは
昔から何度もあったみたいだけれど、その時々で、理由や背景があって
単純に話が進まないことも多いみたいだから難しいよね
一人一人の国民にとっては、直接問題に触れることは簡単ではないけれど
少なくとも、無関心でいてはダメだよね

岡崎嘉平太記念館に来ると、確かに、そんなことを考えさせられますね

以前、訪問願いをして了解をもらってから、ずいぶん時間が経ってしまいましたが
やっと、訪問することができました。
郷土の偉人として見るのはきっかけにすぎず、岡崎嘉平太さんの思いを
みんなが想像しながら、未来を築いていくことが大切なのでしょう。
訪問後、きびプラザの向かいにある駐在所に行きましたが、不在だったので
内線電話で岡山北警察署に報告しておきました。
posted by あきたな at 21:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。