2014年04月24日

わこの倉安川吉井水門

2014.4/8、岡山市東区吉井の倉安川吉井水門を見てきました。
2013年7月に皇太子殿下が行啓されたときに、大成丸の進水式と共に
見学されていった水門で、岡山県指定の史跡です。

2014_0408_113142AAa.jpg
岡山市の東山の麓から児島湾までの広い範囲は、岡山藩主池田光政が
農地不足解消のために干拓を行った地域ですが、その際、かんがい用水用に
開墾した一つが新堀川(今の倉安川)だそうで、その取水口にあたるのが
この吉井水門でした


2014_0408_114734AAa.jpg
新堀川は、吉井川から旭川(あさひがわ)までの高瀬舟の水路も担っていて
吉井川への出入りのための水門がここにありました(建物は再建でしょう)
わこの後ろに見えるのが、第2水門の位置です


2014_0408_114920AAa.jpg
第1水門から第2水門にかけて、高瀬回しと呼ばれる舟だまりがあります

2014_0408_115346AAa.jpg
第2水門から第1水門の方を見た様子です
高瀬舟が舟だまりに泊まっているイメージが分かりますね


2014_0408_121130AAa.jpg
さらに、新堀川側から第2水門を見たようすです
2つの水門を設けて、水位の調節をして高瀬舟が行き来していたわけです
この時期、桜の花と水門がすてきな景色を見せてくれます


2014_0408_113420AAa.jpg
現在は、第1水門の両側はコンクリートで塞がれて機能していませんが
水門の下側に回って見学することができます


2014_0408_113856AAa.jpg
上の建物は再建だと思いますが、木製の水門は、当時のものかと思われます
もちろん、まわりの岩盤の掘削、花崗岩の石積みも当時のものです(多分)


2014_0408_114101AAa.jpg
修繕はされているのでしょうが、石組みはしっかりしているようですね

2014_0408_114306AAa.jpg
岩盤との隙間は漆喰で塞がれています(当時のものらしい)
20kmにも及ぶ新堀川の開墾も大変だったと思いますが、こういう水門を
当時の技術で造るのは、さぞや大変だったことでしょう


2014_0408_120852AAa.jpg
田んぼへ水を引くための水車がありますよ〜

2014_0408_120102AAa.jpg
今でも、シーズンには利用されているのだと、地元の人に聞きました

2014_0408_121908AAa.jpg
現在、水門は塞がれていますが、山を掘り抜いた水路があり
倉安川に水を引き込んでいます


おとうさんはね、中学校3年の途中から結婚する少し前まで、
この倉安川の流域に住んでいて、倉安川の側を通っていたんだよ
中3からなので、川の中で遊んだことはないけれど、身近な存在だったね
皇太子殿下が見学されたという報道に接しなかったら、こんなところから
倉安川が流れていたことは知らないままだったかもしれないねぇ


2014_0408_122422AAa.jpg
水門自体が興味深かったのですが、桜のシーズンだと、さらにすてきです〜

下見時に地元の人にいろいろとお話を聞き、一応、わこの訪問について
説明はしてありますが、まぁ、許可とかではありませんから〜。(笑)
また、いろいろと回った後になりましたが、(管轄が違いますが赤磐警察署と)
地区担当の岡山東警察署上道(じょうどう)交番に報告してあります。
posted by あきたな at 23:48| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
お久しぶりです
フラワー(笑)ひさびさに聞いた言葉
細々と活動はしていますが 活発化しませんね
お身体いかがですか?
母親退院したら父親入院したり 親の身体が弱くなっていくのを日に日に思い知らされる毎日です。
Posted by 家老浅野 at 2014年04月25日 09:50
先日、なんとかおもてなし隊というのを知りましたが、調べてみると、全国を回る人たちが特定の日にちだけやる(当然、地元の人たちの応援もあることでしょう)みたいで、定常的な活動ではないようで・・・ガッカリしました。
残念な意味で、岡山・倉敷らしいところなのかなぁ、と思ってしまいました。その点では、フラワーは純粋な活動を目指していたよなぁ、と思うわけです。力不足の点は別としても、同じようなことを考えている人たちはかなり多いのではないかと思うわけで、その人たち(私たちも含みます)が活動の存在を知る「きっかけ」があれば、ずいぶん違ってくるのではないかなぁと思います。
カーネーションは、わりとよいきっかけだったと思うのですが、惜しいことに、情報が伝わっていませんよね(多分)。個人の連絡先をコミッションに尋ねることはできませんから、ロケの休み時間中に「やろう!」という明確な声をあげられなかったのが残念でしたね〜。

今日が締め切りの、次の(多分時代物?)のロケには参加されるのでしょうか?主に、朝一番の時間的な拘束が微妙なので、迷っているのですけどね〜。

最近、カミさんが和服に興味をもっていて、少〜しずつ揃えていることもあり、そのうち、夫婦で美観地区を歩いてみようかなぁ、と妄想しています。すんげぇ恥ずかしいですけどね。(笑)

とにかく、きっかけだと思うのですよね〜。
ちなみに、体力の衰えは、著しいです。(大笑)
Posted by あきたな at 2014年04月25日 12:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。