2017年04月24日

やっと

先月、周りを見ないで右折バックする車にぶつけられて、
塗装修理に出していた愛車が、やっと帰ってきました。
代車が自分たちには今一つ合わなくて、
ストレスが溜まるばかりの毎日でしたが、
とりあえず、一安心〜。
燃費は悪いけれど、自分に合うヤツなんですよ。

2016_0925_082837AAa.JPG
わこの荷物も運びにくい、ダメな代車でしたね
まぁ、修復できていないから、どうせ出られなかったんだけどね
そう、それです、早く直してくださいってば〜
posted by あきたな at 23:27| Comment(0) | 日記

2017年04月23日

中国国産空母

中国国産空母.JPG
近いうちに、中国の国産空母が進水するみたいですね。
写真は、グーグル様で、当然、少し前のものですが、
運用に必要な艤装は、進水後に行われるので、似たようなものかも?
https://www.google.co.jp/maps/@38.9348956,121.6097208,969m/data=!3m1!1e3
なんちゃって空母の遼寧よりは、改善されているようです。
あちこち、きな臭くなってきました〜。
posted by あきたな at 23:59| Comment(0) | 日記

2017年04月22日

あれ?

昨日、ラジオだったかのニュースで、
佐世保から護衛艦が出航した旨を伝えていました。
「さみだれ」と?(ど忘れ)だったかと思うのですが、
目的は、米空母「ドナルド・レーガン カールビンソン」
などとの訓練とか。

・・・訓練というか、北朝鮮問題で、今にも戦闘が始まる状態が
目の間に迫っているということなのでは?
さみだれ達は、先月後半に「カールビンソン」などと
訓練をしてきたばかり、らしいのですよね。
その訓練も、どう考えても、対北朝鮮(+中露だよね)の
まさに、実践的な訓練だったのでしょう。

体裁を繕うために、ミサイル発射は行いながら、
早々に自爆させて、制裁攻撃を受けるのを避けたっぽい
先日の北朝鮮のミサイル発射ですが、
コワイぐらい、米軍が動かなかったところを見ると
今度、核実験をやったら、即刻、攻撃(米は、空爆のみか?)を
しかけそうな雰囲気が〜。(最初から、そのつもりっぽい?)

中国もロシアも、国境に軍隊を移動させているみたいですし、
様々な戦術・戦略準備が進んでいるようですね。
北朝鮮が動かなければ、当面の戦争状態は回避できそうですが、
さて、おとなしくしてくれるかどうか・・・。

そして、韓国は、戦争準備からは遠そうな印象だし、
日本の野党は、いろいろな審議を拒否しているとか・・・。

2015_0725_102340AAb.jpg
「さみだれ」は、主力ではなくても、結構、重装備ななのでは?
イージス艦ではないから、完全連携はできないだろうけれど、VLSもあるし、補助的な僚艦防衛はできるかもね〜まぁ、日本の現状として、ハープーンなどを先には打てないから、メインの役割は、得意の対潜哨戒かな〜世界有数の対潜哨戒があるだけでも、米軍は安心して行動できるしね(あそことあそこの潜水艦は、確実に近くに来ているだろうからねぇ)
どういう作戦の展開になったとしても、僚艦に被害が出ないといいですね

追加:
記事があった、「さみだれ」と「あしがら」でした。
http://www.sankei.com/photo/story/news/170423/sty1704230004-n1.html
あしがらはイージスシステムを積んでいて、日本からの支援の中核でしょう。
それを支援する(いざというときには、イージスが胆なので)のが、
「さみだれ」で、必要性が低いときには、両艦ともに
対潜哨戒などにあたる、という位置づけなのでしょうかね。
・・・いや、訓練ですよ、訓練。
posted by あきたな at 02:31| Comment(0) | 日記

2017年04月21日

微妙

2017_0421_231703AAa.JPG
電子工作で使う、台紙というか背景というかを飾るために
薄手の色画用紙を貼ろうと思っているのですが、
大きさを確認してみると、約363×257とあります。
「約」?
調べて見ると、B4サイズは、364×257です。
ごくわずか、規格に達しないので「約」なのでしょうね。
こういう製品を作る、その神経に感嘆しますが、
・・・百均ですからねぇ。
まぁ、そういう用途+コスト重視なので、使いますけどね。f(^_^;)
posted by あきたな at 23:24| Comment(0) | 日記

2017年04月20日

同じもので?

2017_0420_230557AAa.JPG
8ピンと14ピンのPICを使うつもりがあった(10円をケチるため:笑)が、
よく考えると、14ピンを2個、同じプログラムで使えそうな気が〜。
これで回せるのであれば、節約したい人は1個で流用ができて、なお、
元に戻すこともできるという便利仕様になるなぁ。
牛乳パックを加工したケース(?)を考えているけれど、
2個(以上)使って、大きな箱庭風の風景も作れそうだしね。
まぁ、あまり増やしてもいいものにはならないでしょうけどね。
posted by あきたな at 23:17| Comment(0) | 日記

2017年04月19日

プンプン

2017_0419_184259AAa.JPG
今日は少し暑かったけれど、普通の扇風機を回すほどではなかったので、
おもちゃのような小さな扇風機を持ち出してきました。
電池でも動くのですが、電源入力があったので、適当なアダプターを
さそうとしたところ、プラグが入りません。
「また、デタラメな規格か!」と腹を立てながらも、よく見ると、
ジャックの中にプラグのさきっちょが入り込んでいました。
それをとりだして、アダプターを・・・
やっぱり、入らないじゃないかぁ〜!
怪しげなUSBケーブルが側にあり、それがうまく刺さりました。
ちゃんと動くようになりましたが、デタラメ規格はやめろ!
posted by あきたな at 23:03| Comment(0) | 日記

2017年04月18日

14ピン

PIC16F1503a.JPG
工作教室の題材について、いろいろと揺らいでいるのですが、
今日は、14ピンPICを使う構想を組み立てています。
これまでは、10円をケチりながら(笑)8ピンPICを構想していましたが、
内容の展開を考えているうちに、むしろ、14ピンを使う方が
便利で組み合わせの自由度が増すような気がしてきたので〜。

もしも、自分の子どもに取り組ませるのであれば、内容が適切なら
自分としては、1000円単位でも気にならないものの、参加者の考えは
人それぞれですから、コストを下げる工夫は必要だと思うのですよね。
大きく2回(それぞれ、2日ずつの4日)の活動にも、発展的継続性があるので、
一つのプラットフォームに少しずつ必要なものを加える構想ですが、
2回の内容を独立して残しておきたいと考える人がいるかもしれません。
資料は公開するつもりなので、後日、必要になったときに
各自が必要なものを取り寄せることはできるのですが、送料や手間など、
実は、個別に取り寄せる方がコストはかかっちゃうのです。
また、プログラムの書き換え道具をもっている人は、ほぼいないでしょうから、
工作会をやっている時に来てくれれば、いいのですけどね〜。

さて、PIC(ブラック・ボックスとして使うのでプログラム知識は不要)は、
1個の書き換えではなく、2個を必要に応じて追加して、差し替える
という方法を考えていますが、場合によっては、1個でも済ませることは可能。
経験的活動が終わったら以後は不要、という人には、1個が100円前後安価ですが
前にやった活動を再現しようとすると、書き換えの問題があるので
現実的にはできない、に近いでしょうから、別のプログラムが入った
2個のPICを使う方がいいとも考えられるし・・・。
複数の人の思いを一つに集約するのは、難しいですよね〜。

追加:
14ピンの安価なPICとして、3つ候補があるのだけれど、ショック〜。
1503は、PWMを4つもっているけれど、タッチセンサなし
1705は、PWMを2つもち、メモリー8kで、タッチセンサなし
1823は、タッチセンサ、EEPROMをもつけれど、PWMがなし
タッチセンサSWを使わないで、タクトSWにすると、
ブレッドボードを表に出さないといけないので、見栄えが悪くなる。
PWMがないと、ホタルのフニョーンという点滅が作れない。
なんて、ピンポイントで、帯に短し状態なんだ〜。
18ピンや20ピンもちょこっと見てみたけれど、
両機能を十分にもった石が見つからないよ〜。
タクトスイッチだけを外に出すようにするのが一番簡単かなぁ。
posted by あきたな at 23:45| Comment(0) | 日記